BALMUDA The CleanerとLite C02Aの違いを比較!どっちがおすすめ? | Nana's Momdays

BALMUDA The CleanerとLite C02Aの違いを比較!どっちがおすすめ?

生活家電

バルミューダ掃除機「The Cleaner」と「Lite C02A」の違いを比較!どちらがおすすめ?

スタイリッシュなデザインで人気のバルミューダ掃除機「BALMUDA The Cleaner」と、コンパクトモデルの「Lite C02A」の違いを比較していきます。

BALMUDA The Cleaner(バルミューダ・ザ・クリーナー)に比べてLite C02A(ライト)はひとまわりコンパクトになり、重量は900gも軽くなっています。

機能面では集じん(ゴミを吸い取る)性能が42%アップして、その分お値段は高めになっています。

つまり、大きな違いは

  • サイズと重さ
  • 性能
  • 価格

です。

本文では、掃除機BALMUDA The Cleaner(バルミューダ・ザ・クリーナー)と、Lite C02A(ライト)の比較をしながら、どちらがおすすめかを解説していきますね。

▼バルミューダ・ザ・クリーナー

▼バルミューダ・ザ・クリーナー・ライト

BALMUDA The CleanerとLite C02Aの違いを比較

バルミューダの掃除機「バルミューダ・ザ・クリーナー」と「ライト」の違いをそれぞれ比較していきます。

サイズの違い

まずはサイズの違いですが、バルミューダ・ザ・クリーナーは重量が約3.1㎏、横幅300㎜×縦幅165㎜です。

対するライトは、重量が約2.2㎏、横幅275㎜×縦幅150㎜とひとまわりコンパクトになっています。

大きさもそうですが、重量がかなり軽くなっているのが特徴的です。

集じん性能の向上

バルミューダ・ザ・クリーナーもダストピックアップ率99%と高性能でしたが、ライトはそこからさらに42%も集じん性能が高くなっています(バルミューダ社調べ)。

価格の違い

バルミューダ・ザ・クリーナーは公式サイトでの価格は59,400円、ライトは同じく公式で64,900円です。

ライトの方が5,500円高くなっていますが、性能が向上した分価格も上がったと思われます。

価格については変動していく可能性がありますので、日々最新のものをチェックすることをおすすめします。

▼バルミューダ・ザ・クリーナー

▼バルミューダ・ザ・クリーナー・ライト

BALMUDA The CleanerとLite C02Aはどっちがおすすめ?

BALMUDA The Cleanerはこんな人におすすめ

バルミューダ・ザ・クリーナーはこんな人におすすめです。

価格の安さを求める人

バルミューダ・ザ・クリーナーはライトに比べて5,500円も価格が安くなっています。

集じん性能はライトの方が上がっていますが、バルミューダ・ザ・クリーナーも十分高い集じん性能がありますので、少しでも安く買いたい場合はおすすめです。

広い空間を掃除したい人

バルミューダ・ザ・クリーナーのヘッド幅は300㎜あります。

ヘッド幅が広い分、一度に広い範囲のゴミを取り込めるので、広い空間を一度に掃除したい人におすすめです。

BALMUDA The Cleaner Lite C02Aはこんな人におすすめ

バルミューダ・ザ・クリーナー ライトC02Aはこんな人におすすめです。

よりコンパクトさを求めたい人

ライトは一回り小さく、2.2㎏と軽量なので、保管スペースに悩む人や、女性など取り回しの軽さを求めたい人には特におすすめです。

また、ヘッドが家具の隙間にも入っていきやすいので、家具の配置によっては普通の掃除機だとヘッドがなかなか入りづらい事もあるかも知れません。

小回りが良く、狭い隙間にもヘッドが入る点を重視したい人にも良さそうです。

価格より高性能を重視する人

ライトは集じん性能が42%もアップしていますので、この程度の価格差なら高性能を選びたいという人には是非おすすめです。

▼バルミューダ・ザ・クリーナー

▼バルミューダ・ザ・クリーナー・ライト

BALMUDA The CleanerとLite C02A共通の機能や特徴

バルミューダ掃除機「The Cleaner」と「Lite C02A」に共通する機能や特徴を紹介します。

スタイリッシュなデザイン

デザイン性の高さが人気のバルミューダの家電製品ですが、掃除機も例外ではありません。

カラーバリエーションは両モデルともホワイトとブラックの2色で、和室や洋室、スタイリッシュな空間にもクラシカルな雰囲気の室内にもなじみやすいデザインです。

余計なパーツもなく、操作ボタンはスティック上部の1ヶ所のみで、操作性も含めたシンプルさです。

確実にゴミをかき出すデュアルブラシ

ヘッドには2つのブラシを搭載し、細かなゴミまで確実にかき出します。

バルミューダ公式サイトに動画がありますが、気持ちよいくらいにあらゆる大きさのゴミやチリを吸い取ってくれる様子が見られます。

パワフルなサイクロン式

パワフルに吸引できるサイクロン式を採用し、サイクロンの遠心力でゴミを取り除き、ホコリなどの微細なゴミはフィルターでキャッチします。

集じんユニットは毎分400リットルの空気を処理し、ごみをかき出すヘッドと共に優れた掃除性能を発揮します。

ホバーテクノロジーで使いやすい

バルミューダの掃除機は「ホバー式」のクリーナーです。

ホバー式とは、360°全方向に自由に動けるホバークラフトをイメージしたものです。

逆方向に回転する2つのブラシの動きにより、摩擦を軽減して浮いているような感触を実現しています。

バルミューダ独自のホバーテクノロジーにより、全方向に滑るような動きを可能にし、高い操作性を実現しています。

360°スワイプ構造

ヘッドには前後左右はもちろん、斜め方向への動きも可能にするスワイプ構造を取り入れています。

専用設計されたユニバーサルジョイントで、あらゆる角度や横方向へのスライドも可能にしています。

横方向に動かした際に、従来の掃除機なら引っかかってしまうところを、すっとスムーズに動かせることでストレスも軽減できそうです。

▼バルミューダ・ザ・クリーナー

▼バルミューダ・ザ・クリーナー・ライト

BALMUDA The CleanerとLite C02Aの違いを比較まとめ

バルミューダ掃除機「The Cleaner」と「Lite C02A」の違いを比較してきました。

The Cleaner(ザ・クリーナー)に比べてLite C02A(ライト)はひとまわり小さく、重さは900gも軽くなっています。

さらに集じん機能も42%アップし、その分価格は高くなっていますがスペック的には申し分ありません。

両モデル共に軽い操作感とパワフルな集じん機能があり、デザイン性も高い掃除機です。

個人的には、Liteの軽量化、集じん機能強化にとても惹かれます。

サイズ感や集じん機能、価格を検討しながら、ライフスタイルに合った掃除機を選んでみてくださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

▼バルミューダ・ザ・クリーナー

▼バルミューダ・ザ・クリーナー・ライト

タイトルとURLをコピーしました