サーキュレーターアイDCjetの口コミ評判をレビュー!電気代や掃除方法は? | Nana's Momdays

サーキュレーターアイDCjetの口コミ評判をレビュー!電気代や掃除方法は?

生活家電

アイリスオーヤマ サーキュレーターアイDCjet(PCF-SDC15T)の口コミや評判をレビューします。

アイリスオーヤマ サーキュレーターアイの高機能モデルDCjetには適応畳数とタイマー機能の違いで4種類販売されています。

  • PCF-SDC15T(適応畳数24畳・切タイマー)
  • KCF-SDC151T(適応畳数24畳・入切タイマー)
  • PCF-SDC18T(適応畳数30畳・切タイマー)
  • KCF-SDC181T(適応畳数30畳・入切タイマー)

24畳と30畳とファンの直径による適応畳数の違い、入りタイマーが使えるかどうかの違いはありますが、基本的な性能は同じになります。

今回は一番売れていて一番お手頃価格なアイリスオーヤマDCjet PCF-SDC15T(24畳・切タイマー)をメインに紹介をしていきたいと思います。

まずアイリスオーヤマDCjet PCF-SDC15Tの悪い口コミです。

  • 音と振動が気になる
  • 毎回角度調整がリセット

次に良い口コミです。

  • 風量があるのに軽くてコンパクト
  • 真夏にエアコンといっしょに使うことで格段に涼しさアップ
  • 梅雨時期に活躍

本文ではアイリスオーヤマ サーキュレーターアイDCjet PCF-SDC15Tの口コミや評判、機能などを紹介していきたいと思います。

▼PCF-SDC15T(適応畳数24畳・切タイマー)

▼KCF-SDC151T(適応畳数24畳・入切タイマー)

▼PCF-SDC18T(適応畳数30畳・切タイマー)

▼KCF-SDC181T(適応畳数30畳・入切タイマー)

サーキュレーターアイDC Jetの悪い口コミやデメリット

サーキュレーターアイDCjetの悪い口コミはあまりなかったのですが、拾ってみると以下の2点がありました。

  • 音と振動が気になる
  • 毎回角度調整がリセット

サーキュレーターアイDCjetはパワーがある分、風量を強くすると音と振動が気になるという口コミでした。

家族の集まる場所では風量を弱くしたり、強い風量で使いたいときは時間や場所を変えたりしているようです。

また、サーキュレーターアイDCjetはスイッチをオフにすると、角度がリセットされるので毎回設定して面倒だという口コミがありましたが、設定は手動でも簡単にできるので慣れれば大丈夫そうです。

▼PCF-SDC15T(適応畳数24畳・切タイマー)

サーキュレーターアイDC Jeの良い口コミやメリット

  • 風量があるのに軽くてコンパクト
  • 真夏にエアコンと使うことで涼しさアップ
  • 梅雨時期に活躍

サーキュレーターアイDCjetは使って良かったという口コミが多くありました。

それぞれもう少し詳しくご紹介します。

風量があるのに軽くてコンパクト

  • かわいいのにパワーあり
  • 持ち運びしやすいので家の中の色々な場所で使っている
  • 使うと部屋の空気が循環するのを実感

サーキュレーターアイDCjetはコンパクトサイズですが、風量がしっかりと感じられるようです。

おうちの中のどこへでも楽に移動できて使いやすそうですね。

見た目のころんとしたカタチもかわいくて好きという口コミも多かったです。

真夏にエアコンと使うことで涼しさアップ

  • エアコン1台ですが、二部屋の空気を循環させて使っている
  • 猛暑の日の冷房効率が違うと感じた
  • 冬場設定温度をあまり上げなくても温かくなった

サーキュレーターアイDCjetはエアコンと併用して使うことで、同じ温度設定でも
体感として涼しさがアップしています。

冷たい空気は床面にたまり、温かい空気は天井へと上昇するので、夏も冬もサーキュレーターの使用で効率よくエアコンを使うことができますね。

梅雨時期に活躍

  • 夜干した洗濯物が朝には乾くようになった
  • 以前使っていた除湿器と扇風機の組み合わせよりよく乾く
  • 洗濯乾燥目的で機能性を重視して選んだ

サーキュレーターアイDCjetは洗濯物の乾燥の補助のために使っているという人が多いです。

特に梅雨の時期は、皆さんあの手この手でなんとか乾燥させようと工夫されています。

サーキュレーターアイDCjetならパワーがあるのでしっかりと洗濯物を乾燥でき、乾かないというストレスが解消します。

▼PCF-SDC15T(適応畳数24畳・切タイマー)

サーキュレーターアイDC Jetの違いを比較

冒頭でもご紹介した通り、サーキュレーターアイDCjetには適応畳数24畳のPCF-SDC15T/KCF-SDC151T と適応畳数30畳のPCF-SDC18T/KCF-SDC181T の4種類があります。

違いはもう一つあり、PCF-SDC15TとPCF-SDC181T が切タイマーだけなのに対し、KCF-SDC151T とKCF-SDC181T は入・切タイマーの設定があることです。

  • PCF-SDC15T(適応畳数24畳・切タイマー)
  • KCF-SDC151T(適応畳数24畳・入切タイマー)
  • PCF-SDC18T(適応畳数30畳・切タイマー)
  • KCF-SDC181T(適応畳数30畳・入切タイマー)

使うお部屋の広さや、使いたいタイマー機能で4種類の中から選べるようになっています。

▼PCF-SDC15T(適応畳数24畳・切タイマー)

▼KCF-SDC151T(適応畳数24畳・入切タイマー)

▼PCF-SDC18T(適応畳数30畳・切タイマー)

▼KCF-SDC181T(適応畳数30畳・入切タイマー)

サーキュレーターアイDC Jeの特徴

大風量サーキュレーター

サーキュレーターアイDCjetは、3Dランダム送風で強い風を遠くまで届けます。

PCF-SDC15T/KCF-SDC151T の2機種は24畳対応、PCF-SDC18T/KCF-SDC181T は30畳対応となっています。

DCモーター搭載で3つの効果

パワフル

サーキュレーターアイDCjetは新ボール型フォルムと特殊形状スパイラルグリル、スパイラル気流により、風の到達距離が27mにもなります。

空気の流れをコントロールし、より直進性の高い気流を作り出します。

そしてDCモーターならではのパワフルさが加わります。

それにより広い部屋でも空気をすばやくかくはんし、衣類も素早く乾かすことができます。

静音

サーキュレーターアイDCjetは運転音はわずか35db未満で、図書館より静かです。

騒音値の目安は30dbでささやき声、深夜の住宅街と言われ、40dbで図書館、深夜の市街地と言われるレベルなので、十分と言える静けさですよね。

省エネ

従来品PCF-SC15T(消費電力38w)と比較すると、PCF-SDC15T(消費電力25w)はとても省エネ運転です。

DCモーターのサーキュレーターアイDCjetはひと夏(90日間)使っても電気代は486円と500円のワンコインでお釣りがきます。

ACモーターのサーキュレーターだと739円なので、ACモーターのサーキュレーターと比較すると電気代が34%もカットされます。

電気代は1日8時間、90日使用したとして、電気料金目安単価27円/kWh(税込み)で算出しています。

使用状況や電気代などで変わってきますので、参考にしてくださいね。

▼PCF-SDC15T(適応畳数24畳・切タイマー)

こだわりの羽根

サーキュレーターアイDCjetの羽根は、表面積を広く取り多くの風をとらえて送り出すことのできる立体形状です。

風切り音をおさえつつ、十分な風をうみだします。

選べる3モード

サーキュレーターアイDCjetは3つのモード選択が可能です。

  1. 衣類乾燥モード:たくさんの洗濯物をまんべんなく乾かせる
  2. リズム風モード:強さを変化させて自然に近い風を再現(3段階の風量から選べる)
  3. 連続モード:10段階から設定した風量で連続運転

部屋干しに役立つ衣類乾燥モードがあるのは、梅雨時や冬場のお洗濯物が乾かない時期にかなり助かります。

自然に近い風のリズムモードは3段階、一定の風量を送ってくれる連続モードは10段階に強さも設定できますよ。

空気循環・部屋干しなど1年中使える

サーキュレーターアイDCjetは、夏はエアコンの冷気を部屋全体に循環させることができます。

冬は温かい空気を足元にお届けすることができます。

気温の変化の大きい春や秋は、天井に風を送ってお部屋の空気の温度ムラを少なくすることができます。

梅雨の時期には、部屋干しの洗濯物に直接風を当て、乾きをはやくする効果があります。

また、お部屋の換気を促進させ、感染対策にもなります。

サーキュレーターアイDCjetはパワフル設計なので、二部屋続きのお部屋の循環も可能です。

このように1年を通して冷暖房の効率を上げたり、温度変化による不快さや湿気などを効率よく解消することができます。

▼PCF-SDC15T(適応畳数24畳・切タイマー)

上下・左右自動首振り

サーキュレーターアイDCjetの首振りは、手動でも変えられる上下65°と、左右は60°・90°・120°の角度を選べます。

切タイマー

サーキュレーターアイDCjet PCF-SDC15Tは設定した時間(2・4・8時間)の後に運転を停止する切タイマー機能があります。

便利なリモコン付き

サーキュレーターアイDCjetには全ての操作ができるリモコンが付いています。

本体背部に収納して、そのまま使うこともできます。

▼PCF-SDC15T(適応畳数24畳・切タイマー)

お手入れしやすいお掃除

サーキュレーターアイDCjetのお掃除の仕方はシンプルです。

前面カバーを簡単に外すことができるので、ハンディモップなどを使ってホコリを拭き取ってあげればOK。

お掃除も楽々です。

驚きのコンパクトサイズ

サーキュレーターアイDCjetは従来品PCF-HM23(適応畳数20畳)に比べ、高さは-11cm、幅は-14.4cmとかなりコンパクトになっています。

仕様

サイズ:幅21cm 高さ29cm 奥行21cm

重量:約1.3㎏

▼PCF-SDC15T(適応畳数24畳・切タイマー)

サーキュレーターアイDC Jeの口コミ評判をレビューまとめ

ここまでアイリスオーヤマ サーキュレーターアイDCjet PCF-SDC15Tの口コミや評判をレビューしてきました。

まず悪い口コミですが

  • 音と振動が気になる
  • 毎回角度調整がリセット

などありました。

音は風量を強いレベルの設定で気になるということなので、家族が集まる場所などではやや弱め設定にしたり、強い風量で使いたい時は時間や場所を変えるといった方法で使っているようです。

サーキュレーターアイDCjetは、スイッチオフにするとせっかく角度調節したのにリセットされるので少し面倒に感じている人もいますが、設定は簡単にできるので慣れればあまり負担にならないかと思います。

次に良い口コミです。

  • 風量があるのに軽くてコンパクト
  • 真夏にエアコンといっしょに使うことで格段に涼しさアップ
  • 梅雨時期に活躍

サーキュレーターアイDCjetはコンパクトサイズで移動が楽にできるので、湿気がたまりやすい場所もねらって使えます

しかも風量があり24畳という広い範囲で対応できるので、1台あれば十分活躍してくれますね。

エアコンと併用することで冷暖房の効率があがり、省エネ効果も大きいです。

洗濯物が乾きにくい梅雨の時期や、部屋干し派の人にも好評です。

サーキュレーターアイDCjetを使うことで、1年中快適な生活ができそうです。

サーキュレーターアイDCjetの購入を検討されている人の参考にしていただけたら嬉しいです。

最後までお読みいただいてありがとうございました。

▼PCF-SDC15T(適応畳数24畳・切タイマー)

▼KCF-SDC151T(適応畳数24畳・入切タイマー)

▼PCF-SDC18T(適応畳数30畳・切タイマー)

▼KCF-SDC181T(適応畳数30畳・入切タイマー)

タイトルとURLをコピーしました