エコバックス DEEBOT T9+の口コミ評判をレビュー!吸引力は? | Nana's Momdays

エコバックス DEEBOT T9+の口コミ評判をレビュー!吸引力は?

生活家電

エコバックス DEEBOT(ディーボット) T9+の口コミや評判をレビューします。

ロボット掃除機世界シェア2位を誇るエコバックス、日本でも徐々に人気が出てますよね。

そんなエコバックス の新機種ディーボット T9+ですが、悪い口コミを調べてみると、主に2つ出てきました。

  • 自動ゴミ収集時の音が大きい
  • ジョイントマットが苦手

その他にも、口コミ数としては少ないながらも、「買う前に知っておいた方が良いかな」と感じたレビューをピックアップしてご紹介します♪

とはいえ、良い口コミやメリットをレビューしたコメントは盛り沢山でした。

  • 搭載機能が優秀
  • 水拭きもきれいになる
  • マットの上も乗り上げる
  • 芳香剤が搭載されてる
  • ルンバと比較しても劣らない

総じて、「買ってよかった!」という人が多く、実際に楽天などでの口コミ評価平均も高かったですよ。

エコバックス DEEBOT(ディーボット) T9+の口コミや評判と、特徴について、本文で詳しくご紹介していきますね。

▼エコバックス DEEBOT T9+

エコバックス DEEBOT T9+の悪い口コミやデメリット

エコバックス ディーボット T9+の悪い口コミやデメリットを先にご紹介します。

自動ゴミ収集時の音が大きい

  • 音が大きいので最初はビックリ。業務用の掃除機くらいの音がする
  • ゴミ自動排出の音は思っていたより大きかった

エコバックス ディーボット T9+は自動ゴミ収集システムが搭載されています。

ですが、この自動でゴミを回収するときの音が大きい、という口コミがいくつか見られました。

とはいえ、わずかな時間だし、すぐ慣れる、という事で、時間を選べば問題ないと感じている方がほとんどでした。

ジョイントマットが苦手

  • ジョイントマットは上がれなかった
  • ジョイントマットの段差に引っかかってた

エコバックス ディーボット T9+は2センチ程度の段差は乗り越えられるとされていますが、ジョイントマットは苦手なようで、ジョイントマットに引っかかった、というレビューがありました。

ジョイントマットの分厚さにもよるとは思いますが、ジョントマットの段差に引っかかるようなら、そのエリアば別で掃除した方がスムーズかもしれませんね。

その他

その他に、購入の際に気にしておいた方が良さそうなレビューも少しご紹介しておきます。

  • ソファーの下に入れなかった。センサーが良すぎて反応しちゃうのかも

エコバックス ディーボット T9+には優秀なセンサーが付いていますが、この優秀さが働いて、ソファーの下に入らなかったという口コミがありました。

下に潜り込んで掃除をしてもらいたいスペースは、エコバックス ディーボット N9+の実際の高さより、少し余裕を持った空間が必要かもしれません。

 

  • 1階と2階で使いたい時は、充電ドックも2階に持っていかないとマップが生成できない。

エコバックス ディーボット T9+はマッピングシステムも好評です。

ただ、複数フロア掃除したい時には、ドックの移動も必要とのことです。

ドックがなくても、ある程度掃除をしてもとに位置に戻ってくる、というレビューもありましたが、マッピングシステムをフル活用したい場合には、ドックの移動もさせた方が良さそうでした。

 

  • アプリでの初期設定時、モバイルデータ通信を切り、Wi-Fiのみ接続しないと設定できません
  • アプリが少し分かりづらい

エコバックス ディーボット T9+はアプリでスマホとの連携が可能です。

スマホでスケジュール設定を含めた詳細な設定や指示出しができるのですが、あまりスマホ慣れしていない年齢が上の方だとアプリの設定が分かりづらい、というレビューもありました。

一度設定してしまえばラクという声もありましたので、ご高齢の方へのプレゼントには、最初の設定までお手伝いすることを考えておいた方が良いかもしれませんね。

▼エコバックス DEEBOT T9+

エコバックス DEEBOT T9+の良い口コミやメリット

次に、エコバックス ディーボット T9+の良い口コミやメリットをご紹介します。

搭載された機能が優秀

  • センサーが優秀で、基本的にはソフトタッチで接触
  • AIの学習能力が優秀
  • 2回目以降も1回目のマッピングに引き続ききちんと掃除してくれる
  • 障害物回避の能力は非常に高く,部屋のマッピング精度もなかなかのクオリティ
  • その辺に置いてスタートすれば、囲まれている空間を全部掃除して、ドッグが無くても、置いた場所に戻ってくる

エコバックス ディーボット T9+には、衝突防止、落下防止、マッピング機能と言った高機能ロボット掃除機に搭載されている機能は全て搭載されています。

これらの機能やセンサーに関してのレビューはとても好評でしたよ。

水拭きもきれいになる

  • アプリで水の量を調節することが出来て、水漏れもなく、ゴシゴシ汚れを取ってくれる
  • 水拭きは雑巾が黒くなるくらいきちんとしてくれて凄く綺麗になってる

エコバックス ディーボット T9+は水拭き機能もついています。

少し前の水拭き機能のついたお掃除ロボットは、水加減に不評なものもありましたが、エコバックス ディーボット T9+はその心配もなさそうでした。

しっかり拭き掃除もしてくれて、足触りが心地よくなるそうです♪

▼エコバックス DEEBOT T9+

マットも乗り上げる

  • マットの上も登って吸引力もアップしてくれる
  • 玄関マットもキッチンマットも大丈夫でした

悪い口コミやデメリットの方で、ジョイントマットには引っかかる、というレビューがありましたが、キッチンマットなどはしっかりと乗り上げた、というレビューも並んでました。

マットに上がると、センサーが自動で察知して吸引力を上げてくれる機能もついています。

芳香剤搭載

  • 爽やかに香る感じ

エコバックス ディーボット T9+は芳香剤を搭載できて、お掃除しながら香りを振りまくこともできます。

匂いがキツすぎても困りますが、口コミ評判によると、爽やかに香る程度のようです。

お掃除と同時に香りも楽しめるので、好みの香りが見つかったら嬉しいですね♪

▼エコバックス DEEBOT T9+

買ってよかったという総評

  • この価格でこの出来は素晴らしい
  • 凄くいい買い物をした
  • 間違い無く高スペック、高クオリティー
  • コスパ・性能からも、買って損はない、私には最高傑作としか言いようがない

エコバックス ディーボット T9+の総評として、「買ってよかった」というレビューは多かったです。

これだけの機能がついているので、高価といえは高価ですが、有名機種の同レベルと比較すると、お値段的には抑えられています。

そういう意味で、「コスパも良い」と評価する人もいました。

お掃除ロボットとしての機能を考えると、お値段以上、と感じられるという評価なんだと思います。

ルンバと比較した感想

お掃除ロボットといえば、ルンバが代名詞ですよね。

ルンバと比較した口コミもいくつかありました。

  • ルンバにこだわる必要なし、T9+の方がスペック上だと感じる
  • これまでルンバを使っていたけど、掃除機本体は稼働時の音も静かで、掃除機能も早くて綺麗

総じて、ルンバにおとる、という事はなさそうでしたよ。

少なくとも、一台前のルンバと比較されていた方たちは、エコバックス ディーボット N9+の機能とお値段を高く評価されていました。

▼エコバックス DEEBOT T9+

エコバックス DEEBOT T9+の吸引力とその他の特徴

ここからはエコバックス DEEBOT T9+の特徴についても簡単にご紹介します。

吸引力

エコバックス ディーボット T9+の吸引力は、従来品に比べて6倍に向上、「清掃力がさらに進化した」と、公式サイトで発表されています。

口コミでも私が見ていた限りでは、ゴミの取り残しがあったというのは見かけませんでしたよ。

▼エコバックス DEEBOT T9+

自動ゴミ収集機能

最初にお伝えした通り、エコバックス ディーボット T9+は自動ゴミ収集機能がついています。

自動ゴミ収集機能は、充電ドックと一緒になっている自動ゴミ収集スタンドが、ロボット掃除機本体に溜まったゴミを自動で回収してくれるシステムです。

要するには、T9+本体がお掃除後にデッキに戻ると、毎回自動で自動ゴミ収集スタンド機内に付いている紙パックにT9+が集めてきたゴミを吸い上げてくれるので、本体のゴミを手作業で毎回取り除くという手間がないんですね。

しかも、紙パックの要領は、最大60日分という大容量。

ドックの上を開けるだけで簡単にゴミパックが交換できます。

もはや膝を曲げて屈む必要すらないんです。

もちろん、紙パックをスタンドから取り出すときには袋の口も閉まるようになっています。

つまり、ゴミ捨て時にチリやホコリが舞い上がることもありません。

汚れたものを一切見ずに済むので、お掃除で不快な思いをすることがなくなります。

ホコリにアレルギーがある人にも嬉しいシステムだと思いますよ。

手でダストボックスのホコリを捨てようとすると、どうしても舞い散ってしまい、反応してしまいます。(私がそうでした)

自動ゴミ収集機能がついている分お値段が上がってしまいますが、せっかくお掃除ロボットを新調するならついてて嬉しい機能ですよね。

▼エコバックス DEEBOT T9+:自動ゴミ収集用紙パック

吸引清掃と振動式水拭き

エコバックス ディーボット T9+は1台で吸引清掃と水拭きが同時に可能なお掃除ロボットです。

吸引だけでは取り除けないようなべたつきやざらつきといった不快感も、水拭きを同時にしてくれるので、ディーボット T9+なら一回のお掃除で解消してくれるので、物凄い時短にもなりますよね。

特に室内で一緒に生活してるペットの足元が気になるようなご家庭に向いてるかもしれませんね。

あとは、小さなお子さんがまだハイハイしたりしている時期には床の汚れに対するストレスを軽減してくれそうです。

自動認識センサーもついて、水拭きをオンにしている時はカーペットを自動で回避してくれるので、部分的にラグを引いているお部屋でも使えますよ♪

▼エコバックス DEEBOT T9+:水拭き用モップ

障害物感知能力、間取り把握能力の向上

エコバックス ディーボット T9+は3D物体回避(TureDetect)2.0という機能を搭載しています。

この機能を搭載したことで、障害物を識別する精度が従来品と比較して10倍も向上していて、コード類への絡まりも防いでくれます。

さらに、従来品と比べると、マッピングの精度も4倍にもなっていて、複数のお部屋の間取りもさらに正確に把握することが可能になってます。

この2つの機能、障害物回避能力とマッピング能力は、実際に口コミでも好評でした。

▼エコバックス DEEBOT T9+

芳香剤を内蔵

エコバックス ディーボット T9+は、芳香剤(エアフレッシュナー)を内臓した初めてのお掃除ロボットなんです。

お清掃をしながら、香りを部屋全体に振りまいて走ります。

ただし、水拭き機能とは同時には使えませんのでご注意を。

購入時にはワイルドブルーベルという香りが1個ついてきます。

なので、とりあえずお試しで使ってみる、ことができますよ。

香りの有効期限は最大約60日です。

カプセルタイプのカートリッジになっていて、取り替え用のカートリッジは3個セットで1650円(税込み)での販売されます。

取り替えカートリッジの香りの種類は

  • ワイルドブルーベル
  • ベルガモット&ラベンダー
  • キューカンバー&オーク

の3種類です。

使われている香料も世界トップクラスの芳香剤メーカーのもので、安全性基準を定める国際香粧品香料協会(IFRA)のガイドラインを厳守して製造されているそうなので安心して使えそうですね。

▼エコバックス DEEBOT T9+ エアフレッシュナー:ワイルドブルーベル

▼エコバックス DEEBOT T9+ エアフレッシュナー:ベルガモット&ラベンダー

▼エコバックス DEEBOT T9+ エアフレッシュナー:キューカンバー&オーク

その他の機能

エコバックス ディーボット T9+はその他にも

  • 進入禁止エリア設定
  • タイマー設定
  • スマートスピーカー
  • 自動充電・自動再開システム
  • 吸引の変更
  • 水量の調節
  • 音声レポート

といった、ロボット掃除機にあったらいいなぁという便利機能はほぼほぼ搭載しています。

▼エコバックス DEEBOT T9+ 

エコバックス DEEBOT T9+の口コミや評判をレビューまとめ

エコバックス DEEBOT(ディーボット) T9+の口コミや評判をレビューしました。

エコバックス ディーボット T9+の悪い口コミは2つ。

  • 自動ゴミ収集時の音が大きい
  • ジョイントマットが苦手

その他にも、口コミ数としては少ないながらも、

  • センサーが良すぎてソファーの下に潜らない
  • 複数フロアでマップ機能を使いたい時はドックも移動が必要
  • アプリ設定が分かりづらい

といった点がありました。

一方、良い口コミやメリットは

  • 搭載機能が優秀
  • 水拭きもきれいになる
  • マットの上も乗り上げる
  • 芳香剤が搭載されてる
  • ルンバと比較しても劣らない

など、結果的に「買ってよかった!」「高クオリティーでコスパもいい」という口コミがたくさんありました。

個人的にはこのゴミ収集システム、音が大きいとはいえ、あるとないでは大違いじゃないかな、と感じています。

エコバックスは楽天に公式ショップを構えているので、品揃えも豊富で、追加で必要になる紙パックや芳香剤などもネットで頼めて便利ですよ。

エコバックス DEEBOT(ディーボット) T9+の購入に悩んでいた方の参考になれば嬉しいです。

最後までお読みいただいてありがとうございました。

▶︎楽天のエコバックス 公式ショップ:こちら

▼T9+の前機種、エコバックT8シリーズとの比較は別記事でご紹介しています

エコバックス T9とT8シリーズの違いを比較!吸引力は6倍に
この記事ではエコバックス DEEBOTの新機種 T9シリーズと型落ち品のT8シリーズの違いを比較していきます。 エコバックスDEEBOT T9シリーズと、従来品のT8シリーズとの違いを簡単にまとめると 吸引力アップした ...

▼エコバックス DEEBOT T9+

▼エコバックス DEEBOT T9+:水拭き用モップ

▼エコバックス DEEBOT T9+:自動ゴミ収集用紙パック

▼エコバックス DEEBOT T9+ エアフレッシュナー:ワイルドブルーベル

▼エコバックス DEEBOT T9+ エアフレッシュナー:ベルガモット&ラベンダー

▼エコバックス DEEBOT T9+ エアフレッシュナー:キューカンバー&オーク

タイトルとURLをコピーしました