ルンバコンボ j7+とDEEBOT X1 OMNIの違いを比較!どっちがおすすめ? | Nana's Momdays

ルンバコンボ j7+とDEEBOT X1 OMNIの違いを比較!どっちがおすすめ?

生活家電

ルンバコンボj7+とDEEBOT X1 OMNIはどこが違うのか比較!どっちがおすすめ?

ロボット掃除機のリーディングカンパニーであるiRobot社から、11月11日に「ルンバコンボj7+」が発売されました。

ルンバから吸引と水拭きの2in1モデルが「遂に出た」といった感じですよね。

水拭きも1台で出来るようになったルンバコンボj7+ですが、同じく2in1タイプのハイエンド人気機種にはエコバックス社のDEEBOT X1 OMNIがあるので、両者を比較していきたいと思います。

両モデルともかなりのハイスペックなので、いずれ劣らない高レベルの比較になりそうですが、機能面の大きな違いは以下の通りです。

  • 吸引力、ブラシの違い
  • 障害物の識別数の違い
  • ルンバコンボのパッドリフティングシステム
  • ペットオーナーあんしん保証があるか
  • 音声アシスタントにスマートスピーカーが必要か
  • 見守りカメラとして使えるか
  • モップの自動洗浄があるか
  • ゴミ捨て不要の期間の違い

機能面の大きな違いだけでもこれだけ出てきていますよね。

本文では、上記に挙げた以外の細かな違いも含めて、ルンバコンボj7+とDEEBOT X1 OMNIの違いを比較しながら、どちらがどんな方におすすめか詳しく紹介していきます。

▼ルンバコンボj7+

▼DEEBOT X1 OMNI

\楽天スーパーセール開催中!/
楽天市場

ルンバコンボ j7+とDEEBOT X1OMNIの違いを比較

ルンバコンボj7+とDEEBOT X1 OMNIの違いを一つずつ比較していきます。

吸引力について

まずは肝心の吸引力ですが、ルンバコンボj7+は具体的な数値での吸引力は公表されていません。

しかしながら従来モデルのルンバ600シリーズに比べて吸引力は10倍になっていて、しかも「パワーリフト吸引」で微細なチリやホコリもしっかり吸引します。

一方のDEEBOT X1 OMNIはエコバックス史上最大の吸引力5000Paで、従来モデルに比べて92%もアップしています。

いずれにしても高スペックモデルなので、両社とも最高レベルの吸引力であることは間違いないですよね。

ちなみにルンバコンボj7+には「ダートディテクトテクノロジー」が搭載されていて、ゴミが多い場所や汚れている場所を検知して吸引力を引き上げてくれます。

DEEBOT X1 OMNIでは集中的に清掃するにはアプリでの設定が必要なようです。

ブラシの構造、モップの違い

ブラシの構造、モップの違いをまとめると下記のようになります。

  • ルンバ:エッジクリーニングブラシ+ゴム製ブラシ2本、モップパッド1枚
  • DEEBOT:フローティングメインブラシ+サイドブラシ2本、モップパッド2枚

両モデルともサイド部分に回転するブラシ、中央部に床に密着するタイプのブラシという構造になっています。

モップパッドはルンバコンボが1枚、DEEBOTは毎分180回転する円形パッドが2枚となっています。

それぞれのマッピングシステム

ルンバコンボj7+のマッピングシステムは「Imprintスマートマッピング」で毎秒230,400以上のデータを収集し、キッチンやリビングといった部屋の種類や環境を学習・記憶します。

DEEBOT X1 OMNIのマッピングは「True Mapping2.0」となり、自動運転にも使われるD-ToF技術(光を反射させ戻ってくる時間を計測して位置を測定)を応用したものです。

いずれも複雑な間取りや家具もしっかりと認識するので、無駄のない正確な清掃をするほか、アプリでの細かな清掃指示にも対応します。

▼ルンバコンボj7+

▼DEEBOT X1 OMNI

\楽天スーパーセール開催中!/
楽天市場

障害回避性能と障害物の認識数

両モデルとも非常にすぐれた障害物回避性能をもっています。

ルンバコンボj7+は10種類以上の障害物(コード、ケーブル、ペットの排泄物<固形のみ>、靴やスリッパ、靴下、ファブリック、衣類、リュック、ペットの食器、猫トイレ、ペットのおもちゃ、クリスマスツリー)を認識します。

クリスマスツリーが入っているのはユニークですが、確かにツリーに衝突して倒してしまったら残念な気分になりますよね。

回避する障害物については、アプリから情報を収集することでどんどんアップデートされていくそうですよ。

しかもルンバコンボj7+は、ケーブルやペットの排泄物などを発見すると、お掃除が終わった後でアプリに写真を送信してくれるんです。

散らかった状態でもお掃除はできますが、次回までに何を避けておけばスムーズにお掃除できるかわかりますね。

一方のDEEBOT X1 OMNIは3D物体回避「AIVI 3D」に加えて「地平線Sunrise3チップ」という業界最先端のAIチップで毎秒5億万回の処理をすることで18種類の障害物の回避が可能です。

残念ながら具体的にどの物体を避けるのか、公式サイトからは見つけられませんでしたが、実際に使ってみた方の感想を見ると、スリッパやおもちゃなど問題なく避けてくれるようですよ。

ルンバコンボのパッドリフティングシステム

パッドリフティングシステムは、ルンバコンボj7+だけが持つ世界で初めての機能です。

カーペットに乗り上げた時に濡れたモップパッドが付いていると、カーペットを濡らす危険性がありますよね。

他のロボット掃除機はカーペット自体を回避するので、カーペット上を掃除するにはパッドを外す必要がありました。

ルンバコンボj7+なら、カーペットを検知すると自動的にパッドがリフトアップされて天面に収納されます。

動画を見ると、その動きがまさに「ロボット」なので、メカ好きのお子さんが見たら喜ぶだろうなぁ、と思いました^^

もちろん、パッドを外すことなくカーペットの吸引清掃ができるのでとても便利です。

ちなみに畳については検知しませんので、アプリで「禁止指定」をする必要があります

ルンバコンボは「ペットオーナーあんしん保証」つき

ルンバコンボj7+は上の項でも触れた通り、ペットグッズ関連の認識にすぐれています。

それもそのはず、ペットオーナーさんにやさしいモデルなんです。

「ペットオーナーあんしん保証」がついていて、万が一ペットの排泄物(固形の糞のみですが)を避け切れずに本体に付着してしまった場合、保証期間内で1回限りですが無償でサポートしてくれます。

万が一のことではありますが、あると安心ですよね。

DEEBOTはスマートスピーカー不要

音声アシスタント対応のロボット掃除機も最近増えていて、Alexaなどのスマートスピーカーと連動させることでお掃除の指示ができるものが多いですよね。

ルンバコンボj7+はAlexaの他にもGoogleアシスタント、Siriショートカットに対応していますが、DEEBOT X1 OMNIはスマートスピーカーが必要ありません

エコバックス独自のAI音声アシスタント「YIKO(イコ)」を搭載しているので、DEEBOT本体に直接話しかけるだけで指示ができます。

▼ルンバコンボj7+

▼DEEBOT X1 OMNI

\楽天スーパーセール開催中!/
楽天市場

DEEBOTは見守りカメラ搭載

さらにDEEBOT X1 OMNIには120万画素&148.3°の超広角レンズのHDRカメラが搭載されているので、見守りカメラやペットモニターとしても活用ができます

お仕事や外出中など、特に迎え入れたばかりのペットを留守番させるのは心配ですよね。

またはお子さんの留守番や、介護や自宅療養中の家族がいる場合なども見守りカメラとして使えますし、内蔵スピーカーとマイクで「調子はどう?」などと直接会話もできます

DEEBOTはモップ自動洗浄、自動乾燥できる

従来の水拭き機能付き掃除機だと、モップは外して手洗いまたは洗濯が必要でした。

モップパッドを濡れたままにすると雑菌が繁殖して不衛生になる恐れもありますが、忙しい時は正直面倒ですよね。

DEEBOT X1 OMNIはモップが汚れると自動でステーションに戻り、自動洗浄&熱風で乾燥までしてくれます。

お掃除中に水量が少なくなった時も、約15分ごとにステーションに戻って水を補給し、お掃除を再開します。

何もかも自動で行なってくれるので、こちらは何もすることがないくらいです。

ルンバコンボj7+には自動洗浄機能はありませんが、モップを外す際にリフトアップしてくれるので、本体を裏返す必要がなく着脱しやすくなっています。

ルンバコンボは1年間ゴミ捨て不要

両モデル共にステーションに戻ってゴミを自動収集してくれますが、ルンバコンボj7+は約1年分のゴミを収納しておけるので、捨てるのは年に1度です。

DEEBOT X1 OMNIは60日(約2ヶ月)分となるので、ゴミ捨てのスパンはこちらの方が短いですが、ステーション内に自動洗浄&乾燥機能があるためですね。

すぐれたアプリ機能

アプリでお掃除の詳細を指示するのは、もはやロボット掃除機の常識と言っていいかも知れません。

両モデルとも、部分清掃、進入禁止指示、部屋を指定して清掃、清掃レポートの確認、スケジュール設定、チャイルドロック、ピンポイント清掃が可能で、季節やライフスタイルに合わせた清掃も提案してくれます。

ルンバコンボj7+にはその他に「拭き掃除禁止」の指示ができるのと、お掃除の度にライフスタイルを学習して「あなたに合ったお掃除」を提案してくれる点があります。

▼ルンバコンボj7+

▼DEEBOT X1 OMNI

\楽天スーパーセール開催中!/
楽天市場

外観とデザインについて

外観は両モデルとも、落ち着いたダークトーンでインテリアに溶け込みやすいデザインになっています。

特筆すべきなのは、DEEBOT X1 OMNIはデンマークの世界的なデザイン事務所「ヤコブ・イェンセン・デザイン」が手掛けている点です。

パーツの一つ一つまで全て計算された設計になっていて、デザイン性だけでなく無駄のない使い心地につながっています。

本体サイズについては、ルンバコンボj7+が直径33.9×高さ8.7cm、重量が3.4㎏です。

DEEBOT X1 OMNIは直径36.2×高さ10.35cm、重量は4.4㎏と一回り大きく、1kg重いですね。

2フロア以上でなければ持ち上げることもあまりないと思うので、参考までにといったところです。

充電時間と稼働時間

充電時間はルンバコンボj7+は3時間、DEEBOT X1 OMNIが約6.5時間と差があります。

連続稼働時間はルンバコンボが75分、DEEBOTが最大260分(4時間20分)です。

いずれにしても充電残量が少なくなると自動でステーションに戻って充電し、同じ場所から再開するので問題はなさそうです。

静音性の違いは?

DEEBOT X1 OMNIの動作音は62㏈と静音設計を謳っています。

ルンバコンボj7+は特に静音を謳った記載は見当たらなかったのですが、今後ユーザーさんのレビューが出てくる可能性はありますね。

価格について

ハイスペックモデルのルンバコンボj7+とDEEBOT X1 OMNIですが、気になるのが価格ですよね。

楽天ではルンバコンボj7+が159,800円、DEEBOT X1 OMNIが158,000円と大きな違いはありません。

価格.comの最安値を見ると、ルンバコンボが149,800円、DEEBOTが134,500円と価格差が出ています。

ルンバコンボは発売間もない最新機種ということもありそうですね。

価格は全て2022年11月16日現在のもので、今後変動の可能性もあるため、日々最新の価格をチェックしてくださいね。

▼ルンバコンボj7+

▼DEEBOT X1 OMNI

\楽天スーパーセール開催中!/
楽天市場

ルンバコンボ j7+とDEEBOT X1OMNIの違いを表で比較

ここまでご紹介したルンバコンボ j7+とDEEBOT X1OMNIの違いを表にまとめてみました。

ルンバコンボj7+
DEEBOT X1 OMNI
吸引力ルンバ600シリーズに比べて10倍エコバックス史上最大の5000Pa
従来モデルに比べて92%アップ
汚れを完治して自動吸引力UP×(アプリで指示は可能)
ブラシサイド部分に回転ブラシ
中央部に床に密着するブラシ
サイド部分に回転ブラシ
中央部に床に密着するブラシ
モップ1枚2枚
マッピングシステムImprintスマートマッピング
毎秒230,400以上のデータを収集
True Mapping2.0
自動運転にも使われる技術を応用
障害回避性能10種類以上を認識
アプリに写真を送信
18種類を認識
カーペット検知
自動的にパッドがリフトアップされて天面に収納されて掃除継続

モップモードの時は避ける
ペットオーナーあんしん保証×
スマートスピーカーAlexa・Siri対応独自のAI音声アシスタント「YIKO(イコ)」を搭載
(接続等不要)
見守りカメラ機能×
内蔵スピーカーとマイクで直接会話可能
モップ自動洗浄×
ゴミ捨て年に1度約2ヶ月
本体サイズ直径33.9×高さ8.7cm直径36.2×高さ10.35cm
質量3.4㎏4.4㎏
充電時間3時間約6.5時間
連続稼働時間75分4時間20分
静音性情報公開なし62㏈
価格(2022年11月楽天)159,800円158,000円

ルンバコンボ j7+とDEEBOT X1OMNIどっちがおすすめ?

ルンバコンボj7+とDEEBOT X1 OMNIの違いを比較してきましたが、どっちがどんな人におすすめか下記にまとめてみました。

ルンバコンボj7+がおすすめの人

  • ルンバのブランドを重視する人
  • ペットオーナーあんしん保証を受けたい人
  • ゴミ捨て頻度が低い方がいい人

ロボット掃除機ならやっぱりルンバ!という人や、ブラーバとの2台持ちを躊躇していた人にとっては待ちに待った新機種ではないでしょうか。

ペットを飼っている方にとっては、万が一の「あんしん保証」はもちろん、ペット関連のアイテムを回避してくれることが明記されているのは安心ですよね。

ゴミ捨て頻度も年に1回なので、忙しい人にもおすすめです。

DEEBOT X1 OMNIがおすすめの人

  • モップパッドに触れたくない人
  • スマートスピーカーを持っていない人
  • 見守りカメラとしても使いたい人

DEEBOT X1 OMNIは自動でモップを洗い、乾燥までしてくれるので衛生的ですし、手で触れる必要がありません。

汚れたモップパッドに触れることや、洗濯機で洗うのに抵抗がある人にはもってこいですよね。

スマートスピーカーを持っていなくとも、ロボット本体に話しかけるだけで指示ができるのも便利です。

見守りカメラとしても使えるので(その為に購入するというわけではなくとも)家族やペットを見守る必要がある時に活用できるのも嬉しいですよね。

両モデルとも申し分ないくらいのハイスペックで、価格の違いも大きくないので、基本機能よりもその機種独自の特徴が決め手になりそうですね。

▼ルンバコンボj7+

▼DEEBOT X1 OMNI

\楽天スーパーセール開催中!/
楽天市場

ルンバコンボ j7+とDEEBOT X1OMNIを比較まとめ

ロボット掃除機の進化系ともいえる2モデル、iRobotのルンバコンボj7+とエコバックスのDEEBOT X1 OMNIを比較してきました。

吸引力、マッピング、物体回避、アプリなど基本的な機能はいずれも優劣つけがたいレベルではあります。

ルンバコンボj7+とDEEBOT X1 OMNIには、それぞれ他にない機能があるため、ご自身のライフスタイルにどちらが合うかで決まってくるのかなと思います。

ルンバコンボj7+には「パッドリフティングシステム」「ペットオーナーあんしん保証」が搭載されているのに加えて、「ゴミ捨て頻度が1年」となっています。

DEEBOT X1 OMNIは「自動モップ洗浄&乾燥」「本体に直接話しかけて指示」「見守りカメラとしても使える」といった、掃除機の域を超えたような機能が搭載されています。

価格は今のところそれほど大きな差はありませんので、どの機能が必要かをポイントに選んでいただくのがベストだと思います。

ハイスペックなロボット掃除機を求めている方、ルンバの最新機種が気になる方、ルンバコンボj7+とDEEBOT X1 OMNIで迷われている方の参考になれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

▼ルンバコンボj7+

▼DEEBOT X1 OMNI

\楽天スーパーセール開催中!/
楽天市場
タイトルとURLをコピーしました