Kyvol E20とE30の違いを比較 どっちがおすすめ? | Nana's Momdays

Kyvol E20とE30の違いを比較 どっちがおすすめ?

生活家電

Kyvol(キーボル)E20とE30の違いを比較してご紹介します。

Kyvol E20とE30の大きな違いは、吸引力マッピング機能です。

基本的にE30は、E20の機能を全て兼ね揃えていて、さらに吸引力がアップしていて、マッピング機能が搭載された上位機種、となっています。

なので、お値段も少し異なって、E30のほうがE20より若干お高めな設定になっています。

本文ではKyvol E20とE30の違いについて、詳細を比較しながらご紹介していきますね。

▼Kyvol E20 エントリーモデル

▼Kyvol E30 マッピング機能付き

Kyvol E20とE30の違いを比較

吸引力

Kyvol E20とE30の大きな違いの1つは吸引力です。

掃除機の吸引力はPaという単位で表されることが多いです。

数が大きいほうが吸引力があるという見方をしてます。

Kyvol E20は2500Paで、Kyvol E30が2800Paなので、E30のほうが上なんです。

とはいえ、E20も2500Paあるので、ロボット掃除機としては十分な吸引力だと思いますよ。

別のロボット掃除機のシリーズ、例えばアンカーのEufy RoboVacだと最上位機種でも2200Paですから。

  • Kyvol E20:2500Pa
  • Kyvol E30:2800Pa

マッピング機能

Kyvol E20とE30の大きな違いのもう1つはマッピング機能が搭載されているかどうかです。

E20にはマッピング機能の搭載はなく、E30には搭載されています。

E30にはジャイロセンサーといういわゆるマッピング機能が搭載されています。

マッピング機能がつくと、部屋の間取り、自分の居場所を、ロボット掃除機が把握しながら掃除していくことができます。

ワンルームごとの掃除、例えば、リビングだけ、寝室だけ、とかならE20のようにマッピング機能はいらない機種で十分だと思います。

でも、もう少し広い範囲、ワンフロア一気に掃除したい、というような場合はマッピングシステムが付いていた方が効率よく短い時間で綺麗に掃除してくれますよ。

マッピング機能がつくことで、規則正しい往復移動ができるようになるので、ランダムに動き回る不規則な動きと比べると約30%効率が向上するというデータも出てました。

しかも、スマホアプリでリアルタイムの掃除状況も見れちゃうので便利です♪

  • Kyvol E20:マッピング機能なし(ワンルーム向き)
  • Kyvol E30:マッピング機能付き(広範囲を一気に掃除することも)

Kyvol E20とE30の違いを表で比較

ご紹介した内容とその他のスペックを表でまとめてみました。

Kyvol E20Kyvol E30
価格18,980円23,980円
カラーホワイト/ブラックホワイト/ブラック
吸引力2,500Pa2,800Pa
マッピング機能×
サイズ32.5×32.4cm32.5×32.4cm
高さ7cm7cm
運転時間約150分約150分
自動充電
乗り越えられる段差15mm15mm
落下防止≥80mm≥80mm
境界線テープ
落下防止
スケジュール設定
スマホアプリ
リモコン
アレクサ対応

ご紹介した通りE20にもE30の違いはお値段、吸引力、マッピング機能です。

ちなみにですが、キーボルのさらに上位機種にならついている、水拭き機能、レーザスキャニング機能、自動ゴミ収集機能はE20にもE30にもついていません。

水拭き機能も欲しいという場合にはE31。

さらに精密なレーザスキャニング機能や自動ゴミ収集機能も、という場合にはS31という機種があります。

上位機種もルンバに比べたらかなりお値段は抑えられているので、興味があったら見てみてくださいね♪

▼Kyvol E31 水拭き機能付き

▼Kyvol S31 自動ゴミ収集機能とレーザスキャニング付き

Kyvol E20とE30 どっちがおすすめ?

Kyvol E20がおすすめなのは、ロボット掃除機が初めてでお試しに購入してみたいという人や、とにかく安いロボット掃除機を導入したい、という人です。

ロボット掃除機に最低限欲しい機能は揃っていますし、吸引力に関してはE20も2,500Paあって、他のロボット掃除機と比較しても強い部類に入ります。

この機能で1万円代ですから、最初の1台としては十分な仕事をしてくれると思いますよ♪

一方、Kyvol E30は、E20よりもさらに吸引力があり、マッピング機能も搭載された機種です。

マッピング機能があることで効率的に掃除をしてくれるので時短にもなります。

その分、お値段が少し上がっています。

と言っても、4,000円程度の差です。

4,000円でマッピング機能がついてきて、吸引力がさらに上がるなら全然出せる!という人ならE30のほうがおすすめですよ。

▼Kyvol E20 エントリーモデル

▼Kyvol E30 マッピング機能付き

Kyvol E20とE30共通した特徴

衝突防止センサー、落下防止センサー付き

Kyvol E20、E30は衝突防止センサー、落下防止センサーがついています。

自動的に障害物や段差を察知してくれるので、家具にぶつかって傷をつけたり、段差から落ちてこわれたりという可能性は低いですよ。

境界線テープ付き

お手頃価格やエントリーモデルのロボット掃除機にはついていないことが多いのがこの境界線テープ。

境界線テープを置くことで、入って欲しくない場所を指定できるので、掃除したいエリアを決められてとても便利です。

Kyvol E20、E30には両方ともついていますよ。

スリム設計

Kyvol E20、E30のサイズは全く同じですが、両方ともスリム設計です。

高さが7センチしかないので、ベッドやソファー、家具の下など、7センチ以上の隙間があれば入ってくれます。

普段掃除がしにくい、ホコリが気になる場所もスイスイ入って掃除してくれるので、気分もスッキリします。

アプリ、アレクサで操作ができる、

Kyvol E20、E30は両方ともスマホやアレクサと連携できます。

これもお手頃価格やエントリーモデルのロボット掃除機にはついていないこともありますが、使い慣れたスマホで操作できるのは嬉しいですよね。

外出先から起動もできますし、アレクサにも対応しています。

▼Kyvol E20 エントリーモデル

▼Kyvol E30 マッピング機能付き

Kyvol E20とE30の違いを比較まとめ

Kyvol E20とE30の違いを比較してご紹介しました。

Kyvol E20とE30の大きな違いは、吸引力マッピング機能の2つです。

  • Kyvol E20:2500Pa、マッピング機能なし
  • Kyvol E30:2800Pa、マッピング機能付き

正直なところ、E20の吸引力も数値的には十分なので、4,000円の差でマッピング機能をつけるかどうか、というところで判断できるんじゃないかなぁと個人的には思います。

マッピング機能がつくと、広い範囲も効率的に掃除してくれるので時短にもなります。

外出時にワンルームずつ掃除する、というならE20でも十分だと思います。

逆にリビングと廊下を一気に、という場合にはE30を選んだほうがしっかりお掃除してくれそうですよね。

Kyvol E20とE30で迷っている方の参考になれば嬉しいです。

最後までお読みいただきありがとうございました!

▼Kyvol E20 エントリーモデル

▼Kyvol E30 マッピング機能付き

▼1番人気のKyvol E20については「Kyvol E20の口コミ評価をレビュー」でも評判をまとめました。

Kyvol E20の口コミ評価をレビュー Wifiが繋がらない?
Kyvol E20の口コミや評価をレビューします。 Kyvol E20は常に楽天のロボット掃除機ランキングの上位にいますが、上位10位以内の中で一番安いのもKyvol E20なんです。 そんなKyvol E20の口コミを調査して...
タイトルとURLをコピーしました