手作り小麦粉ねんどの作り方 余った強力粉を大量消費しました | Nana's Momdays

手作り小麦粉ねんどの作り方 余った強力粉を大量消費しました

育児・娘のこと
スポンサーリンク

小麦粉ねんどは、おうちにあるものですぐに簡単に作れる親子のおうち時間にお役立ちな遊びです。

我が家の3歳児、ナナも大好きで、ねんどと言うと家で作るものと思っています。

今日はそんな簡単な小麦粉ねんど作り方をご紹介するとともに、我が家の小麦粉ねんど遊びの記録を残しておきたいと思います。

スポンサーリンク

小麦粉ねんどの作り方

小麦粉ねんどに必要なもの

  • 小麦粉(適量)
  • 水(適量・だいたい小麦粉と同量か少ないくらい)
  • 油(ひとたらし)
  • 塩(ひとつまみ)
  • 混ぜるボール
これだけなので、思い立ったら(子どもがやりたいと言い出したら)すぐに作れます。
洗い物もボール1つです。
小麦粉は薄力粉でも、強力粉でも。
強力粉の方が弾力が出るので、感触に違いがちょっと出ますが、子どもはそこまで気にしないみたいです。
我が家では以前パン作り用に買ってたのに賞味期限が切れた強力粉を使いまくってます。

小麦粉ねんどの作り方

  1. ボールに作りたい分の小麦粉を入れる
    (今回は200gくらいは入れましたが100gくらいで作ることが多いです)
  2. 塩と油を加える
  3. 水を少しずつ入れて、手で混ぜながら、様子を見つつ加えていく。
  4. 程よい弾力になったら完成!

 

お水は少しずつ加えると良いです。

わりと水を入れすぎて、手にくっつく生地になってしまいやすいです。

以前はそれでよく失敗して、結局小麦粉を加えたりしていました。

小麦粉ねんどに色をつける

色をつけたいときは、食紅や絵具を混ぜればOKです。

今回の我が家はナナがハマっている惑星を作りたかったので、出来上がった小麦粉ねんどをそれぞれの大きさに分けてから、絵具を混ぜて練り込みました。

ナナは練り込めずに、表面につけていましたけど…。

でも返ってそれがいい具合に出来上がったものもありました!

小麦粉ねんどで太陽系惑星を作ってみた

惑星の作り方も簡単。

図鑑を見ながら、適当ですけど、なんとなーく、大きさも考えながらねんどをちぎります。

あとは、それっぽい色の絵具をほんの少したらして、練り込む!

そして丸める!

それだけですが、なかなか楽しい。

 

木星は夫作で、うまい具合に練り込んだ後が木星の模様みたいになりました。

そして、地球はナナ作。

 

ねんどで「ヘビさん」は作れても、球体は出来なかったのに、いつの間にかできるようになっていました。

さらに、練り込むのではなく、単に直接絵具をつけて手で丸めていたのですが、これがうまい具合に混ざり合って、海の青と陸地の緑ができてました。

そこで、「雲の白も手で付けたらいいよ!」と、少しだけ手に白い絵具を垂らしてあげて、やらせてみたら、上出来な地球が出来上がりました。

 

これ、本当に意外と楽しいんです。

球体を作るだけなので、とんでもなく簡単ですし、色も色々とつけられて、それっぽいのが出来上がるので、達成感もある。

天体好きにはとってもおすすめな遊びでした。

 

その後、ナナが「お顔も作る」と言い出し、何かのキャラっぽくなった惑星さんたちが出来上がりました。

小麦粉ねんどの後始末

余った小麦粉ねんどは、ビニールやタッパーに入れて冷蔵庫に入れておけば、翌日も遊べます。

ただ、小麦なので、放っておくとカピカピになってしまいますし、カビも問題です。

適度に遊んだら廃棄してしまってください。

 

我が家の惑星たちも、あるタイミングで捨てないとなぁと思っていたのですが、その日のうちに、ナナ本人が踏ん付けてほぼほぼ崩壊しました…。

無頓着…。

ということで、今回はその日のうちにゴミ箱へと移動してしまいました。

まとめ

思い立った時に、おうちにある材料でささっと作って遊べる小麦粉ねんど。

腰を上げるまでがちょっと億劫で、しばらく遠ざかっていたのですが、やってみると簡単だし楽しめます。

意外とむにむにで感触も良くて、こねこねしてると大人も癒されます。

夫も携帯見ながらこね続けてました。

(娘と遊んでる最中に携帯見てるなっていう話ですけどね…)

おうち時間を持て余した時の選択肢の一つとして、楽しめる小麦粉ねんどでした。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました