骨盤を立てるバスタオルを使った座り方 肩こり腰痛改善にダイエット効果も?! | Nana's Momdays

骨盤を立てるバスタオルを使った座り方 肩こり腰痛改善にダイエット効果も?!

雑記・わたしのこと
スポンサーリンク

以前テレビで見たバスタオルを使って、骨盤を立たせる座り方をご紹介します。

ぽっこりお腹は骨盤を意識して立たせるように習慣付けるとスッキリしてくると言います。

そして、肩こり、腰痛の改善にもつながるとか。

普段、椅子に座るときにちょっとバスタオルを下に入れるだけで改善するなら、やってみる価値ありますよね!

その方法と、どうして骨盤を立てるのがいいのか、簡単にまとめてみました。

スポンサーリンク

骨盤を立てるバスタオルを使った座り方

骨盤を立たせるバスタオルを使った座り方は、とっても簡単。

バスタオルを畳んで丸めて椅子の上に置いて、その上に座るだけ。

ただ、その時に、お尻の後ろ半分だけ乗せる、という方法。

こんな感じ。

やってみると分かっていただけると思うんですけど、なしで座るより、背中が伸びます。

そして、足を組みにくくなるので、体を歪ませる原因の一つである、足組をしなくなります。

お手軽な方法なので、ぜひお試しあれ。

骨盤を立てると何がいいの?

「骨盤を立てるといい」というのはよく聞く話。

「骨盤の歪みは矯正した方がいい」とも。

でも「なんで骨盤は歪みを強制して、立たせておいた方がいいのか」というところを、わたし自身あまり知らなかったので、調べてみました。

内臓が正しい位置に収まり、ぽっこりお腹の改善につながる

座っているときに背中が丸まっていると、内臓が押し潰されてしまうような形になりますよね。

これが癖つくと、下っ腹が出てしまい、ぽっこりお腹につながるというのです。

そして、押し潰されていた内臓が元の位置に戻ると、内臓の活性もよくなるので、体調も改善するとか。

肩こり腰痛の改善につながる

骨盤が寝ている状態にあると、上半身を真っ直ぐに支えていな状態なので、首や腰に負担がかかった状態になります。

骨盤を立てる姿勢を保つことで、上半身の重みが真っ直ぐ支えられるので、余計な負荷が掛からなくなり、肩こりや腰痛の改善につながるそうです。

骨盤の歪みを正す簡単エクセサイズ

座るときにバスタオルを使うのと併せて行うとさらに効果的というのが、簡単エクセサイズ。

病院さんのチャンネルで、産後ママ向けのエクセサイズとしても紹介されていました。

おしり歩き

足を伸ばして座って、そのままお尻で5歩前進、5歩後退。

膝倒し

仰向けに寝て、膝を立てて、左右にゆっくり倒すだけ。

これは寝る前に布団に入ってからでもできるのでおすすめです。

正直、これを寝る前にやるかやらないかで翌朝の腰のだるさがちょっと違います!

おわりに

わたし自身、肩こり腰痛持ちで、色々なお助けグッズに頼っていますが、これは家にあるものでできるのでおすすめです。

一番実感しているのは、足を組まなくなること。

どうしても癖で足組みした姿勢でいることが多かったんですけど、タオルの上に座っていると、まっすぐ両足をおろしていられます。

足組みすると骨盤の歪みを助長するのはよく聞く話です。

この足組みをしなくなり、かつ、寝る前の膝倒しをするようになってから、腰が楽になりました。

座位の骨盤矯正には色々なクッションが売られていますけど、それなりにいいお値段がするので、バスタオルクッション、おすすめです。

でも、やっぱりタオルじゃあ…という場合には、お手頃価格でおすすめできるのがこちらのジェルクッション。

楽天で口コミ評価⭐️4.5をキープしていて、一時期在庫切れにもなっていた人気のクッションなんです。

詳細はこちらからご確認いただけます↓

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!

 

タイトルとURLをコピーしました