Take-One N1 Plusの口コミ評判をレビュー!吸引力は? | Nana's Momdays
記事内に広告が含まれています。

Take-One N1 Plusの口コミ評判をレビュー!吸引力は?

生活家電
スポンサーリンク

多機能なのに低価格で、コスパの良さで話題のロボット掃除機Take One N1 Plusの口コミ評判をレビューします。

吸引に水拭きもできるロボット掃除機が2万円台前半というのは驚きですが、「安すぎて大丈夫?」という疑問も出てきそうですよね。

早速口コミ評判を調べてみると、気になる意見が出ていましたよ。

「初期不良を問い合わせても返信が遅い」

「カーペットを巻き込む」

「充電台まで戻らない」

といった良くない口コミがあったので、ちょっと不安ですよね。

それでも圧倒的に良い口コミの方が数多く寄せられていて

「しっかりゴミを吸ってくれる」

「音が静か」

「この価格でこれだけの機能があれば満足!」

と概ね高評価でした。

デメリットをコスパの良さでカバーできている印象です。

本文では、ロボット掃除機Take-One N1 Plusの口コミ評判を詳しくレビューしながら、特徴についても紹介していきます。

▼Take-One N1 Plus

Take-One N1 Plusの悪い口コミやデメリット

ロボット掃除機Take-One N1 Plusの悪い口コミやデメリットを挙げていきます。

  • 初期不良を問い合わせても返信が遅い
  • カーペットを巻き込んでしまう
  • 充電台に戻れずに途中で止まっている

問い合わせの返信が遅い

Take-One N1 Plusの楽天レビューで星1と評価した人の殆どが、初期不良とそのフォローに関する意見を挙げていました。

初期不良の内容としては「すぐに止まる」「充電できない」といったものが多かったのですが、問い合わせはLINEで、必要に応じて動画で送ってほしいと言われるようです。

それでも対応が遅いということが低評価に繋がっているようです。

初期不良については口コミ全体から見てもかなり少数ではありますが、対応が遅いと不安になりますし、改善されることを期待します。

カーペットを巻き込んでしまう

Take-One N1 Plusはカーペットに乗り上げることが出来ず巻き込んだりめくれ上がってしまったり、といったことが起きているようです。

商品情報では約18mmの段差は乗り越えると説明されていて、カーペットの材質にもよるのか、「カーペットも全く問題ない」という人もいました。

公式からの回答では「厚めのカーペットやマットを一時的に外す」とのアドバイスが出てきます。

充電台に戻れない

充電台に戻れないという意見も多数ありました。

公式からは「マップ機能がないので充電台の場所を記憶することはできず、動き回って充電台を探す仕様になっている」との回答がありました。

この件についてはユーザーサイドも「価格も安いしある程度はしょうがない」と割り切っている人がかなりいました。

掃除さえ終わってくれていれば、ヒョイっと持ち上げて充電台に置くだけなので、正直それほど苦ではありません(以前我が家で使っていたロボット掃除機がまさにそうでした^^;)。

この価格でお掃除終わらせて水拭きもしてくれるなら、充電台にくらい運ぶよ、と思う気持ちはよくわかります^^

良い口コミにも繋がってきますが、Take-One N1 Plusの場合、多少の不具合は価格の安さでカバーできている、と捉えているユーザーさんが非常に多かったです。

▼Take-One N1 Plus

Take-One N1 Plusの良い口コミやメリット

次に、ロボット掃除機Take-One N1 Plusの良い口コミやメリットを紹介します。

  • ゴミやホコリ、猫の毛もしっかり吸ってくれる
  • 音も静かで気にならない
  • この価格でこれだけの機能があるのはすごい。多少の不都合も可愛いと思える

ゴミをしっかり吸ってくれる

N1 Plusは吸引力について高く評価する声がかなり多くありました。

特徴の項でも触れますが、N1 Plusは吸引モードが3段階になっていて最大(強力モード)で2700Paです。

一般的なロボット掃除機の吸引力は2500~3000Paといわれていますので、価格レベルからすると吸引力は十分といえますね。

部屋の隅の方は取り残しがどうしても出るようですが、手動の掃除機と併用しながら折り合いをつけている人が多くみられました。

音が静か

N1 Plusは音については「大きい」よりも「問題ない」「思ったより静か」という意見がかなり上回っていました。

前モデルの「N1」に比べても静音化がされていて、静音モードでは59㏈です。

一般的な掃除機は、製品によって差はありますが60~70㏈といわれていますので、N1 Plusは静音性にすぐれていると言って差し支えなさそうです。

この価格でこれだけの機能があれば満足

N1 Plusは2万円台前半(セール等で変動はあります)ながら、吸引と水拭きが可能で、簡易ではあってもスマホアプリと連携して清掃予約や遠隔操作もできる多機能のロボット掃除機です。

掃除機にとって最も大切な「吸引力」について満足度が高く、水拭き機能も付いている点は価格と照らし合わせてもあり得ないくらいですよね。

大手メーカーの上位機種と比べるものでもないですし、ロボット掃除機を初めて使って便利さに感動している人が多いのも確かでした。

「充電台に戻れずに引っ掛かっているのもご愛嬌」とか「名前を付けて可愛がっている」という微笑ましいレビューもありました♪

▼Take-One N1 Plus

Take-One N1 Plusの特徴

ロボット掃除機Take-One N1 Plusの特徴について紹介していきます。

吸引力は3モード

吸引のパワーは3モードから選択できます。

  • 静音モード:600Pa
  • 標準モード:1000Pa
  • 強力モード:2700Pa

静音モードはそれほど汚れていない時や夜間におすすめですし、標準モードは毎日のお掃除に、ゴミが目立つ時や週に一度のしっかりお掃除には強力モード、というように使い分けることが可能です。

パワーブースト機能

N1 Plusはパワーブースト機能が搭載されています。

床に敷いたカーペットを検知して「カーペットモード」となり、吸引力は1300Paとなりしっかり吸引します。

カーペットの毛足に潜り込んだペットの毛や砂粒などもパワフルに吸い込んでくれます。

動くメインブラシカバー

N1 Plusのメインブラシには振動機能のあるブラシカバーを採用しています。

ブラシが動くので、床面に凹凸があってもぴったり密着することでゴミやホコリも逃さずキャッチします。

▼Take-One N1 Plus

3つの清掃モード

清掃モードは3つあり、お部屋の形状によって動きが変えられます。

オートモードは一般的な動きで、弓型の走行ルートでお部屋の形に合わせて全体を清掃します。

エッジモードは、壁を検知した時に壁に沿って清掃をします。

スポットモードは中心位置から外にらせんを描くような動きで、汚れたところを集中的に清掃します。

ペットのトイレ周りや食事エリアをスポットモードで清掃すると、こぼれたフードや猫砂などをしっかりきれいにできそうですよね。

吸引と水拭きが可能

N1 Plusは吸引と水拭きを1台で行う2in1タイプのロボット掃除機です。

タンクから水を噴出する頻度も3段階(高・中・低)に調整が可能なので、汚れ具合に合わせて水拭きができます。

水拭きだけの時は350mlの水タンク、吸引と同時に水拭きをしたい時は260mlの2in1ダストボックスを装着することになるので、モードによって使い分けられます。

大容量680mlのダストボックス

ダストボックスは680mlと大容量で、ゴミ捨ての手間や頻度も減らせて便利です。

▼Take-One N1 Plus

便利な専用アプリ

今や多くのロボット掃除機が採用している「アプリ連携」機能ですが、N1 Plusは「Takeone Home」アプリと連携することによって、スマホでロボット掃除機を操作できます。

外出先からお掃除を指示したり、清掃の予約をしたりすることができます。

リモコンからもアプリからも操作ができるので、在宅時や外出時と使い分けられて便利ですよね。

アプリ連携についてはうまく繋がらないという口コミも一部あったのですが、2.4Ghz周波数のみに対応しているため、モバイルルーターやポケットWi-Fi、デザリングでは使用できない旨が楽天公式ページに明記されているので要確認ですね。

静音設計

口コミでも「音が静か」と高評価を得ていた通り、静音モードでは60㏈を切った59㏈の動作音を実現しています。

人の話し声レベルの音なので、一般的な掃除機に比べて静かなのも嬉しいですよね。

18mmの段差も乗り越える

N1 Plusは高さ18mmの段差を乗り越える設計になっています。

18mm以下の低い敷居、カーペット、ジョイントマットも乗り越えますが、カーペットやマットの材質によって乗り越えられないこともあるそうです。

カーペットやマットを乗り越えられなかった、巻き込んでしまったという場合にはあらかじめ除けておく必要がありそうです。

自動充電機能

清掃中にバッテリーが少なくなった場合は、自動で充電台に戻って充電を開始します。

但し、充電台の位置を記憶する機能はなく、充電台の周りを走りながら見つける仕様になっているので、完全に戻れないこともあるようです。

ちなみに、リモコンやアプリで充電ボタンを押すと、充電台に戻すことが可能です。

▼Take-One N1 Plus

様々な安心機能

N1 Plusはセンサーでカーペットを検知するほか、壁や家具への衝突を回避します。

落下防止センサーも搭載しているので、玄関など大きな段差で落下することも防ぎます。

部屋の明るさによってはセンサーが働きにくいことがあるとのことですが、心配な場合は部屋を明るくして置いた方が良いとレビューの回答に明記されていたので、ご参考までです。

PSEマーク取得

N1 Plusは電気用品安全法の基準に適合した「PSEマーク」を取得しているので、安全性はお墨付きです。

デザインとサイズ感

N1 Plusのデザインは、高級感のあるガラストップデザインになっています。

そして、カバーには日本の家紋をモチーフにした月の文様をデザインしています。

カラーはアイスホワイトとジェットブラックの2色です。

どちらもスタイリッシュでインテリアの1部にもなりそうですよね。

本体サイズは直径32cm×高さ7.6cm、重量は2.8㎏となっていて、ソファーやベッドの下にも入り込みやすいサイズ感になっています。

価格について

価格については、この記事を作成している2023年4月18日時点では楽天で22,800円でした。

これだけの多機能ロボット掃除機がこの価格で買えるのは驚きですよね。

サブ機として愛用している人や、初めてのロボット掃除機として購入した人もいますので、この価格なら手を出しやすいというのも納得です。

尚、価格は日々変動しますので常に最新の情報をチェックすることをおすすめします。

▼Take-One N1 Plus

Take-One N1 Plusの口コミ評判をレビューまとめ

多機能なのに低価格と、コスパ抜群のロボット掃除機Take-One N1 Plusの口コミ評判をレビューし、特徴についてもまとめてみました。

良くない口コミには「初期不良の対応が遅い」「カーペットを巻き込む」「充電台に戻らない」といった意見が目立ちました。

初期不良は起こらないに越したことはないですが、万が一の時は早い対応が望まれますよね。

カーペットを巻き込んでしまう点や充電台に戻らない点についてはショップから回答もあり、「価格が安い分仕方がない」と割り切って使っている人も多くいました。

一方、良い口コミやメリットについては吸引力や静音性についての満足度が高いようです。

2万円台前半で購入できる安さながら吸引力は十分で、水拭きやアプリ操作といった上位機種にあるような機能も揃っている点に高評価が集まっていました。

機能面で少し足りないと感じたところも、価格の安さでカバーできている印象ですし、愛着がわいているという人も多くいましたよ。

コスパは間違いなく良いので、価格と機能を照らし合わせて検討することをおすすめします。

価格が手を出しやすいので、初めてのロボット掃除機、お掃除に大変さを感じている両親や共働き子供夫婦へのプレゼントにも良いかもしれませんね^^

これからロボット掃除機を購入したい方、Take-One N1 Plusの購入を検討している方の参考になれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

▼Take-One N1 Plus

生活家電
スポンサーリンク
Nana's Momdays