ふぉ〜ゆ〜とKinKi Kidsの関係 | Nana's Momdays

ふぉ〜ゆ〜とKinKi Kidsの関係

スポンサーリンク

先日、ふぉ〜ゆ〜主演舞台「SHOW BOY」の2年ぶりの上演が発表されましたね。

2年前の公演では、観劇したKinKi Kidsの光一くんに「俺がやりたい、歌も芝居も素晴らしい」と絶賛されたという噂のオリジナルダンス劇だそうです。

 

この主演のふぉ〜ゆ〜、実はジャニーズに疎かったわたしは昨年まで全っ然存じ上げない存在だったんです。

(本当にすみません…)

Amazonプライム(アマプラ)のKinKi Kidsコンサートツアーセレクションで見事に初のジャニーズに沼落ちしまして、その中でKinKi Kidsが彼らのことを語っていて、初めて知りました。

どうやらKinKi Kidsとは縁が深い様子…と思い、今回改めて調べてみたのでまとめてみました。

スポンサーリンク

KinKi Kidsが語るふぉ〜ゆ〜

現在公開中のアマプラのKinKi Kidsツアーセレクション、エピソード6(KinKi Kids Concert 2013-2014「L」)の中にツアー制作のドキュメントが少し入ってます。

(こういう舞台裏大好物なんです。走り書きの譜面や調節されるミキサー、二人とスタッフが真剣に話してる姿とか見るだけで無駄に想像膨らませて、作り手の想いや姿勢に感動しちゃうタイプですわたし。ふつーに泣きましたw)

その一部でKinKi Kidsの二人がご自身でふぉ〜ゆ〜のことを語っているところがあります。

わたしはこれでふぉ〜ゆ〜のことを知り、二人の信頼を得ているふぉ〜ゆ〜に興味を持ちました。

このアマプラのキンキツアーセレクション、エピソード6のドキュメンタリー部分ではキンキの二人がふぉ〜ゆ〜をどう思っているか、じっくり話をしてくれているんですが、それぞれの趣旨を簡単にまとめますね。

二人が人間的にも実力的にもとても信頼していて、大切な後輩と思っていると感じられる言葉たちでした。

(これ聞いた本人たちも嬉しかっただろうなぁ…)

(そして、こういうことを言えちゃうKinKi Kidsが好きだったりします…)

光一くんの語るふぉ〜ゆ〜

「現場の空気を明るくしてくれる」

「踊りに関しても実力を持っているから、その場面が締まる、大きな信頼を持てる」

「楽しいし嬉しい。安心していられる」

「KinKi Kidsの二人にないものを持ってる。彼らがいい意味ので遊びを持っていて、頭が柔軟になるきっかけをくれる」

そして、ライブの最後でも「いいよ、Youたちいいよ」とニコニコしながら声かけてました。

剛くんの語るふぉ〜ゆ〜

「かわいい後輩。人間的に正しい子、まっすぐ育った感じがする」

「しょうもない話も真面目な話もしてくれて、人間的な部分、メンタルな部分での支えにもなってる後輩」

「彼らがいてくれて安心する、ありがたいと思う」

「バンドメンバーやスタッフとの架け橋にもなってくれる。空気読むのもうまくて助かる」

KinKi Kidsとの共演

キンキの二人からこれだけの信頼があるふぉ〜ゆ〜はどのくらい共演歴があるんだろうと興味が出てきて、それも調べてみました。

コンサートツアー・舞台

ふぉ〜ゆ〜はなんと2007年のコンサートツアーからすでにキンキのバックについていました。

  • We are Ø'n39!!AND U ?
  • KinKi Kids Live in DOME 07〜08
  • KinKi Kids 2010 - 2011 〜君も堂本FAMILY〜
  • King・KinKi Kids 2011 - 2012
  • KinKi Kids Concert Thank you for 15 years 2012-2013
  • KinKi Kids Concert 2013-2014 「L」
  • KinKi Kids m Concert 2014-2015
  • KinKi Kids Concert 20.2.21〜Everything happens for a reason〜

KinKi Kids Concert 2013-2014 「L」がふぉ〜ゆ〜の初単独バックだったそうです。

だからこの時のドキュメントでコメントもらってたんですね。納得。

 

光一くんの単独も加えるとさらに多くて…

  • KOICHI DOMOTO CONCERT TOUR 2010 BPM
  • Endless SHOCK 2012〜2021

 

並べてみてら圧巻。

ふぉ〜ゆ〜、凄かった…。

そりゃ絆も深まるわけですね。

テレビ番組

KinKi Kids唯一の冠番組、KinKi Kidsのブンブブーンのテーマ曲が昨年作られて、その曲の振り付けの発案を直談判で取り付けに来たのもふぉ〜ゆ〜でした。

剛くんからも「すごく愛情を感じる振り付けでしたよね」と。

そして、つい最近でも、ブンブブーン収録中の会話の中でも登場してました。

光一くんが、 ふぉ〜ゆ〜は家にも来たし、勝手に七色に光るお風呂見に入られたし、舞台の後一緒に1泊温泉行ったりした、という話をしてくれました。

本当に身近な後輩なんですね。

ふぉ〜ゆ〜に妻子持ちがいる?

ふぉ〜ゆ〜のことをGoogleの窓に打ち込むと、なんと、他のキーワードのおすすめで出てくるんです「妻子持ち」という言葉。

え?そうなの?と思ってわたしもうっかり調べに行ってしまったんですけど、どうやらデマみたいです。

みなさん独身でお子さんもいらっしゃらないそう。

なんでそんなキーワードが出てくるんでしょうねぇ。

ふぉ〜ゆ〜の名前の由来

ジャニーズにしては珍しいゆるっとした感じのこふぉ〜ゆ〜というグループ名、ご多分に漏れず、命名はジャニーさんだそうです。

四人とも名前に「ゆう」が入っているのがきっかけだとか。

For youと、4つのゆうとかかっていて、いい感じなのに、なんでひらがなでかつ「〜」なんでしょう…不思議…そこは調べてもたどり着けなかったです。

(そこがジャニーさんのセンスの面白いところなのかな)

ふぉ〜ゆ〜はM.A.D出身

キンキの過去ライブを見ていると、光一くんが最後のライブのメンバー紹介の際にダンサー紹介に「MAD!」と叫ぶのを見かけます。

お恥ずかしながら、わたし、MADも知りませんでした。

MADというのはジャニーズJr.で構成されるダンスユニット「MUSICAL ACADEMY DANCING」の略だそうで、もともとふぉ〜ゆ〜もこのMADの一員だったそうです。

Wikiによると、2017年になってジャニーズJr.を卒業で、ジャニーズのユニットとして活動開始、ということになってるみたいですね。

Wikiの特色もちょっと面白かったです。

「CDデビューをしない三十路ユニット」、「デビュー組でも役者組でもない特殊すぎるジャニーズ」などと形容され、本人達も「“会いに行ける”アイドル」、「座って喋れるアイドルグループ」を自称する。

やっぱりジャニーズの中でも特殊なんですね。

その特殊さで立ち位置を確立して活躍の場を広げていけるってすごいことですよね!

(でもあれだけ信頼を得てるのを聞くとキンキのバックは続けて欲しいなぁ…なんて思う勝手なキンキファン心)

おわりに

最後になっちゃいましたが、ふぉ〜ゆ〜のまとめ…。

越岡 裕貴(こしおか ゆうき)
松崎 祐介(まつざき ゆうすけ)
福田 悠太(ふくだ ゆうた)
辰巳 雄大(たつみ ゆうだい)

1998年 ジャニーズ事務所に入所
2011年 ふぉ〜ゆ〜結成
2017年 ジャニーズJr.を卒業
2019年 初の単独コンサートを開催/LINE公式アカウントを開設

新米キンキファンのちょっとしたお勉強ノートにお付き合いいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました