ビル・コッターの英語絵本 読みやすくておすすめ「Five Little Monsters Jumping on the Bed」 | Nana's Momdays

ビル・コッターの英語絵本 読みやすくておすすめ「Five Little Monsters Jumping on the Bed」

DWE・おうち英語のこと
スポンサーリンク

こんにちは、とーこです。

先日、我が家にやってきた2冊目の英語絵本について、ご紹介したいと思います。

現在3歳のナナはこの本を開くと、1回では止りません。

3回は読まされ(歌わされ)ます。

とても語呂が良くてAmazonでも高評価の「Five Little Monsters Jumping on the Bed」、あの「ぜったいにおしちゃダメ?」のビル・コッター作の絵本です。

ビル・コッターのLarry好きな子ならきっと好きなんじゃないかな?と思ったので、ナナの記録と共にご紹介します!

スポンサーリンク

「Five Little Monsters Jumping on the Bed」は「Five Little Monkeys?」

子供の英語の歌に親しみがある方なら、どこかで聞いたことがあるような?と思うタイトルですよね。

正しくその通りで、実はほぼほぼ「Five Little Monkeys Jumping on the Bed」そのままです。

「Five Little Monkeys Jumping on the Bed」は色々な子供向けYoutubeチャンネルでも使われている有名な歌です。

以前の記事でおすすめした子供向け英語学習Youtubeチャンネルでも、CocomelonやBabybasでも使われていました。

もともとはどこの歌なんだろうと、今回ちょっと調べてみたら、なんと、「There is no known origin of the song」ということで、オリジナルは知られていないそうです。

とはいえ、わたしも「いいのかこれ?」と笑ってしまうくらい、この本の内容はそのまま「five little monkeys」でした。

MonkeyがMonsterになっていて、MamaがLarryになっているだけです。

でも、絵本は途中途中、2ページに1回、「モンスターをよしよししてあげてね」みたいな一言が入ります。

「Five Little Monkeys」の歌詞と和訳

Five little monkeysの歌詞はこんな感じです。

5 little monkeys jumping on the bed.
One fell off and bumped its head.
Mama called the doctor and the doctor said,
"No more monkeys jumping on the bed!"

 引用:https://en.wikipedia.org/wiki/Five_Little_Monkeys

これが5、4、3、2、1と数が減っていくだけです。

簡単な引き算の練習でもあり、ベッドで飛んだり跳ねたりしないでね、という教えでもありますね。

ベッドでジャンプしてる5匹のお猿
1匹落ちて頭打った
ママが先生に電話したら先生がこう言った
「もう誰もベッドの上でジャンプしないように!」

こんな感じで...。

英語で歌に載せると本当語呂がいいというかなんというか、これだけ子供に浸透するくらいなので、やっぱり歌いやすいし、覚えやすい歌なんじゃないかなぁと思います。

「Five Little Monsters Jumping on the Bed」は読みやすい?

子供に好かれる歌のもじりなので、歌を知っていれば親も自然に読めるし歌えます。

先にも書いたようにMonkeyがMonsterになっていて、MamaがLarryになっているだけなので、全然韻も外れてないし語呂ずれないんですよね。

我が家のナナも歌が先だったので、本開きながらウキウキで歌います。

書いてあることを分かっていて文字を追うので、すごく文字を覚えるには役立つんじゃないかなぁと感じています。

そして、ビル・コッター得意の子供に絵本を触らせて参加させるパターンも散りばめられています。

「モンスターをよしよししてあげてね」とかが入ってくるので、ナナもモンスターの絵をよしよししたり、キスしてあげたりと、その都度反応してます。

我が家の読み方

我が家で今流行っているのは、わたしが本の通り歌い、ナナが「five little monkeys」の歌の歌詞通り歌いながら読み、「five little monkeys」の歌詞にない部分はわたしが普通に読んで、ナナが言われた通りのことをする(よしよししたり、キスしたり)、というやり方です。

一応何度か、「Monkeysじゃなくて、Monstersだよ」「MamaじゃなくてLarryって書いてあるよ」とは伝えているのですが、頑なにMonkeysとMommyで歌います。

二人で楽しく大声で歌いながら読んで(歌って?)います。

連続4回目くらいになると流石に「もうおしまいしよう」とわたしが先に萎えますが…

(もちろんナナの方が発音が綺麗ですが気にしない…。これは本当に感心するのですが、発音綺麗だし、短い「the」もちゃんと入るんですよねぇ…羨ましい…)

まとめ

英語の絵本も有名なものや、良質なものがたくさんありますが、我が家はまずは子供が気に入ったものからでいいかな、と思い、「Don't push the Button!」をきっかけに英語絵本も投入し始めました。

five little monkeysの歌も大好きなナナだったので、この歌xラリーは大正解でした。

我が家はDWE(ディズニー英語システム)ユーザーですが、ここ数ヶ月DVDをボイコットされているので、せめて英語から遠ざからないようにと、他の手段探しを頑張っているところです。

この本は語呂合わせが良くて、読みやすくて、元が歌な上に、音源はyoutubeで事欠かないので、とてもおすすめです。

英語絵本探しの参考になれば幸いです!

最後までお読みいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました