子供乗せ自転車 夏の暑さ対策は保冷剤がおすすめ!日除けグッズもご紹介 | Nana's Momdays

子供乗せ自転車 夏の暑さ対策は保冷剤がおすすめ!日除けグッズもご紹介

育児・娘のこと

夏になると子どもの暑さ対策に頭を悩ませますよね。

子どもの座る自転車の後ろのせシートも、車のチャイルドシートも、結構な暑さになりますから…。

出先から帰るときになって、チャイルドシートが物凄く暑くなって、このまま座らせたら低温火傷でもしそうなんじゃないかというくらい。

日陰に置いておけばまだマシですけど、毎度毎度日陰におけなかったり、幼稚園の駐輪場が炎天下だったり…。

我が家は1年半ほど前から自転車を愛用しているので、去年から愛用している暑さ対策と、そのときに調べた暑さ対策商品など、まとめてご紹介します!

子ども乗せ自転車の暑さ対策 保冷剤の活用

我が家の1番の愛用品はこちら。

わかりにくい写真ですみません…。

大きめな保冷剤をタオルに乗せて、お弁当とかをいれる保冷バッグに入れてるんです。

これを蓋も閉めて持っていって、自転車や車を放置している時間、子どもの代わりにシートに座らせておくだけです。

さらに、日除けにヘッドレストの一番上のボタンだけ外して、前に倒しておくと…

保冷バッグを置いていたシートは、帰る頃にはひんやり。

これだけで全然違います!

娘の通う幼稚園の駐輪場は屋根がないので、先日もお迎えに行く時、この保冷バッグを乗せて行ったところ、隣の子は

「暑くて座れない!」

とイライラしていましたが、うちの娘は

「つめたくなってるー」

と笑ってました。

そして、真夏はタオルに包んだ保冷剤を背中とシートの隙間に入れてあげてますが、娘も気に入って「冷たいの背中に入れるー」と愛用していて、一石二鳥です。

保冷剤も保冷バッグもチャイルドシートの座面ぐらいの大きさがあるものを使っているので、ちょっと大きくて邪魔と言えば邪魔ですけど、幼稚園のお迎え程度ならなんてことないです。

車での移動ならなんとでもなりますしね。

小さめ保冷剤も入れておくと、子どもに持たせて涼むのに使ったりもできます。

遊んでいる間、保冷剤をタオルに包んで保冷バッグに入れたものを、子どもの代わりに座席においておく。

これだけで全然違うので、暑い夏のチャイルドシート対策にとてもおすすめです!

子ども乗せ自転車の暑さ対策 100円ショップの活用

夏前になると、100円均にも色々な暑さ対策グッツが並びます。

冷感素材のクッション

100円ショップの暑さ対策グッズの中でも自転車の子ども乗せシートやチャイルドシートに活用できるのは、冷感素材の薄手のクッション。

普通の椅子用やペット用など、色々な形が出ているので、自転車のシートやチャイルドシートの形に合わせて選べます。

100円とか、せいぜい300円なので、「1年もてばいいか」の感覚でベルトの部分に適当に穴を開けてしまって取り付けてしまえばOK。

首に巻くタイプの保冷剤ポケット

保冷材を入れるポケットのついた、首に巻くタイプの暑さ対策グッズもよく見かけますよね。

あれを自転車の子どものシートの背に巻きつけてしまうという方法もあります。

子ども乗せ自転車の暑さ対策 正規品日除けグッズを購入する

我が家はあるものですまそうという貧乏性なので購入しませんでしたが、実はちゃんとした暑さ対策商品も販売されてます。

OGK 自転車用 保温保冷シートカバー

こちらのOGKの商品は、FBC-003シリーズ以外のOGK技研製チャイルドシート全般に使えるそうで、肌触りのやさしいパイル生地が使われていて、ポケットにジェルを入れれるようになっています。

そのジェルは保冷両用のジェルなので、夏はひんやり、冬はホカホカと、夏も冬も使えるタイプです。

OGK自転車チャイルドシート用日よけカバー

こちらは自転車子ども乗せ用シート専用のサンシェイド。

工具不要の取り付け簡単商品で、メッシュなので通気性抜群なのに、約60%紫外線カットという嬉しい商品。

楽天での評価も⭐️4以上と高評価です。

レインカバーをそのまま活用する

我が家は自転車後ろ乗せ用レインカバーを日除にそのまま使ったりもしていました。

窓が開くタイプなので、日陰にはなるんですよね。

自転車後ろ乗せ用レインカバーについては愛用品を記事にしています▼

おわりに

子どもの熱中症は本当に怖いので、できる限りの暑さ対策をしたいものですよね。

お外時間や用途、子どもに合わせて、対策してあげれるといいですね!

最後までお付き合いありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました