ラクアとミニの違いを比較!どっちがおすすめの食洗機? | Nana's Momdays

ラクアとミニの違いを比較!どっちがおすすめの食洗機?

サンコーの置き型食洗機、ラクアとラクアミニを比較してみました。

2つの最も大きな違いは「サイズ」「一度に入る食器の量」で、この時点でユーザー層がはっきり分けられると思います。

ラクアはフライパンなどの調理器具が入りますが、ミニは2人分の食器がようやく入るくらいです。

他に、ミニにはエコモード、乾燥モードがない、給水方法がタンクのみといったように、ラクアの機能が簡略化されています。

ラクアミニは1人暮らしから2人暮らしといった少人数家族向けのサイズなので、ファミリー向けにはラクアがおすすめです。

本文では、サンコーラクアとラクアミニの違いを詳しく解説していきたいと思います。

▼ラクア

▼ラクアミニ

▼サンコーの公式ショップはこちらから

ラクアとミニの違いを比較

大きさの違い

サンコーラクアは幅425㎜×高さ455㎜×奥行き410㎜です。

一方のラクアミニは、幅308mm×高さ415mm×奥行き315mmとかなりコンパクトで、狭い場所にもすっきり置けそうです。

重さはラクアが13㎏、ラクアミニが8kgと、5㎏の差があります。

  • ラクア:幅425㎜×高さ455㎜×奥行き410㎜、13㎏
  • ラクアミニ:幅308mm×高さ415mm×奥行き315mm、8kg

収納できる食器量

大きさに差がある分、一度に洗える食器の量が気になるところです。

ラクアは2~3人分の食器(16~17点)とカトラリー類が一度に入ります。

直径28㎝までのフライパンなら入るサイズなので、油で汚れたフライパンを手洗いする必要がありません。

ラクアミニですが、こちらは食器の大きさにもよりますが最大12点ほどで、フライパンは取っ手の外せる小さいサイズのもの以外は難しそうです。

  • ラクア:2~3人分の食器(16~17点)とカトラリー類
    直径28㎝までのフライパンならOK
  • ラクアミニ:最大12点
    フライパンは取っ手の外せる小さいサイズ

使用する水量と洗剤の量

ラクアの使用水量は5リットル、洗剤の使用量は8gです。

ラクアミニの使用水量は3.2リットルと少なくなっており、洗剤は3~5gとこちらもかなり少ない量です。

生活スタイルにミニがちょうどいい方にとっては、かなりの節水と洗剤の節約になりますね。

  • ラクア:2~3人分の食器(16~17点)とカトラリー類
    直径28㎝までのフライパンならOK
  • ラクアミニ:最大12点
    フライパンは取っ手の外せる小さいサイズ

洗浄モード

洗浄モードについて、ラクアは以下の通りになります。

  • 通常洗浄
  • スピード
  • エコ
  • 強力洗浄
  • 水洗い
  • 乾燥

6つの洗浄モードが設定されていて、乾燥のみの機能もあります。

一方のラクアミニは4つの洗浄モードで、エコと乾燥モードが省かれていることから、必要最小限の機能に留めていることがわかります。

洗浄の仕方についても、ラクアは上下から水を噴射するのに対し、ラクアミニは下からのみ噴射して洗うので、ラクアの方がしっかり洗浄できそうです。

  • ラクア:6つの洗浄モード、乾燥のみの機能、上下から水を噴射
  • ラクアミニ:4つの洗浄モード、下からのみ噴射

給水方法

給水方法についても違いがあります。

ラクア、ラクアミニ共にタンクで給水できるタイプの食洗機ですが、ラクアは分岐水栓用のホースが付いていて、水道から給水することも可能です。

ラクアは2つの給水方法を選べるのに対し、ラクアミニはタンク給水のみとなります。

  • ラクア:分岐水栓用のホース付(水道から給水することも可能)
  • ラクアミニ:タンク給水のみ

価格の違い

ラクアは楽天で32,800円、ラクアミニは同じく楽天で22,800円でした(2022年4月29日現在)。

10,000円の価格差がありますが、特に収納量については最重要ポイントなので、「安いから」という理由だけではなく、ライフスタイルと照らし合わせて選ぶことをおすすめします。

尚、価格は日々変動しますので、常に最新の価格をチェックしてくださいね。

▼ラクア

▼ラクアミニ

▼サンコーの公式ショップはこちらから

ラクアとミニはどっちがおすすめ?

ラクアはこんな人におすすめ

サンコーラクアはこんな人におすすめです。

家族が2~3人以上の人

ラクアは食器を16~17点収納できるので、食器のサイズにもよりますが家族分の洗い物がほぼ一度で済んでしまいます。

ラクアミニだと収納量がかなり少ないので、家族全員分を洗うとなると複数回の運転になる可能性が高いです。

1人暮らしまたは2人暮らしだから大丈夫だと思っても、今後家族が増える可能性がある場合はラクアをおすすめします。

フライパンを洗いたい人

ラクアなら、直径28㎝までのフライパンが入ります。

フライパン調理は油を使いますし、洗うのが大変な調理器具の一つなので、手洗いすることなく食洗機で洗いたいですよね。

ラクアミニだと一般的なフライパンは洗えませんので、食器を洗浄している間に手洗いすることになってしまいます。

食器をしっかり洗いたい人、乾燥のみの機能がほしい人

ラクアは上下からの噴射でしっかり洗浄しますが、ラクアミニは下からの噴射のみで洗います。

ミニでも十分洗浄できますが、よりしっかり洗いたい人や、油脂を使った調理を多くする人には、しっかり洗えるラクアが安心です。

ラクアに搭載されている乾燥機能の有無も重要なポイントで、例えばコップをササッと水洗いして乾燥だけしたい時に、乾燥モードがあると嬉しいですよね。

ラクアミニはこんな人におすすめ

1人暮らしの人

ラクアミニは、これまでの食洗機の常識を覆すほどのコンパクトさと手軽さを実現しています。

賃貸の1人暮らしでは食洗機は持てないと思われていましたが、タンク式で工事が不要であることでハードルが下がりました。

幅が30㎝少々なので、小さなキッチンにも置けるのがポイントです。

最低限の食器洗浄ができればいい人

忙しくて外食が多く、家でそれほど料理をしないという人にもラクアミニはおすすめです。

凝った料理をすると洗い物も増えますし、油汚れも気になります。

コップ1個にお皿1~2枚など、少ない洗い物で済む人にちょうど良いのがラクアミニです。

洗い物が少ないと却ってため込んでしまいがち、という時もラクアミニが洗ってくれるので、小さな手間も大きく省けます。

▼ラクア

▼ラクアミニ

▼サンコーの公式ショップはこちらから

ラクアとミニ共通の機能や特徴

置き型タイプで工事不要

サンコーラクア、ラクアミニ共にタンク式の置き型なので、基本的に工事は必要ありません。

ラクアの方は水道から給水しても使えますが、賃貸の場合は工事無しで使えるのが大きなメリットで、引っ越しの際にも煩わしさがありません。

タンク式で節水

サンコーラクア、ラクアミニはタンクに給水して使うタイプの食洗機なので、使用水量が決まっています。

手洗いで水を出しっぱなしにして洗うとかなりの水量を使いますが、ラクアなら5リットル、ラクアミニなら3.2リットルしか水を使わないので、積もり積もればかなりの節水になります。

▼ラクア

▼ラクアミニ

▼サンコーの公式ショップはこちらから

ラクアとミニの違いを比較まとめ

サンコーの食洗機、ラクアとラクアミニをここまで比較してきました。

ラクアの簡易版ともいえるのがラクアミニで、サイズはコンパクトに、機能は最小限になっていました。

一度に洗える食器の量と、フライパンが洗えるかどうかの違いは大きく、2~3人以上の家族構成の方や、これから家族が増える予定の方へのおすすめはラクア一択です。

1人暮らしの方や、忙しくて家では最小限の食器しか使わないという方にはラクアミニがおすすめです。

価格差はおよそ10,000円ですが、生活パターンに合わせて慎重に選ぶことをおすすめします。

サンコーラクアとラクアミニで迷われている方の参考になれば嬉しいです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

▼ラクア

▼ラクアミニ

▼サンコーの公式ショップはこちらから

 

タイトルとURLをコピーしました