レイボーテ ヴィーナスとプロの違いを比較!どっちがおすすめ? | Nana's Momdays

レイボーテ ヴィーナスとプロの違いを比較!どっちがおすすめ?

美容健康家電

ヤーマン光美容器 レイボーテ ヴィーナスとプロはどっちがおすすめ?違いを比較!

美容機器メーカーとして知られるヤーマンの光美容器「レイボーテ ヴィーナス」と「レイボーテ プロ」の違いを比較しました。

ヴィーナスは2021年発売、プロは2022年発売ですが、大きくリニューアルしています。

大きな違いは次の2点です。

  • 防水仕様のレベル
  • 照射回数

防水仕様のレベルは、ヴィーナスがIPX5なのに対し、プロではIPX7と2ランクアップしています。

照射回数もヴィーナスは30万発、プロは40万発となっておりこちらも大きく増えています。

細かいところではカラーバリエーションや価格面もありますが、機能的なレベルアップは注目したいポイントですよね。

本文では、ヤーマン光美容器レイボーテ ヴィーナスとプロの違いを詳しく比較して、どちらがおすすめかを紹介していきますね。

▼レイボーテ ヴィーナス

▼レイボーテ プロ

ヤーマンレイボーテ ヴィーナスとプロの違いを比較

防水仕様のレベル

ヤーマンのレイボーテ ヴィーナスは、VIO対応光美容器では日本初の防水仕様として2021年に誕生しました。

防水仕様なのでお風呂で使うことができ、プライバシーをしっかり守ってケアできるのが最大のメリットです。

防水レベルは「IPX5」で、噴流水(本体にかかる水)から保護できるため、水がはねたりシャワーの水がかかったりしても大丈夫ということです(あまりに強い水圧からは守れません)。

2022年発売のプロは、さらに2ランクアップした防水レベル「IPX7」です。

IPX7は水に浸しても影響がないように保護するレベルなので、浴槽に浸かりながら顔や腕をケアすることも可能です。

但し、水の中で使用できることとは違いますので、浴槽の中で脚に使用する等はNGです。

誤って浴槽に落としてしまっても大丈夫、くらいに考えておくと良いレベルです。

照射回数

1台あたりの照射回数は、ヴィーナスが30万発、プロが40万発とより長寿命になっています。

これはお手入れ回数に換算すると1,300回以上、約30%プラスになります。

ご家族で共有して使うことを考えると、ランプの長寿命は嬉しいですね。

カラーバリエーション

カラーバリエーションについては、ヴィーナスが淡いブルーグレー系、プロが上品なアイスブルーです。

どちらも優しい色合いながら甘すぎないので、男性にも抵抗なく使えそうですね。

価格差について

楽天のヤーマン公式ではいずれも同じ88,000円で取り扱いがありましたが、プロは定価の99,000円からの割引になっているようです。

楽天ではショップによってかなり価格差があり、ヴィーナスは40,000円台後半、プロは70,000を切る価格のところもあります。

Amazonで調べてみたところ、ヴィーナスは56,000円から58,000円前後、プロは79,200から80,000円台での取り扱いがありました(価格は全て2022年8月3日現在)。

楽天のヤーマン公式だと値下がり幅が小さいようですが、キャンペーンやセールのタイミングなどもありますので、各ショップ共に最新の価格をチェックしてくださいね。

▼レイボーテ ヴィーナス

▼レイボーテ プロ

ヤーマンレイボーテ ヴィーナスとプロどっちがおすすめ?

ヤーマンの光美容器レイボーテ ヴィーナスとプロを比較してみて、個人的にはプロをおすすめしたいところです。

まずは防水性能がアップしたことについてですが、お風呂でケアをする場合はどうしてもより高い防水レベルがあった方が安心です。

ヴィーナスはIPX5なので水がかかっても安心ですが、万が一浴槽に落とすといったアクシデントを考えるとIPX7レベルのプロの方がより故障のリスクが少なくなります。

VIOのムダ毛ケアが、お風呂で完全にプライバシーを守りながら行えるメリットを最大限に生かすためにも、防水性能は要チェックです。

照射回数が30万発から40万発に増えたことも大きいですよね。

はじめは自分一人で使っていたとしても、家族が「やっぱり使いたい」と言ってくる可能性もあるかも知れません。

そんな時に照射回数に余裕があれば家族で長く使えますよね♪

価格については、楽天やAmazonであれば25,000円近くの差があります。

使うのは自分一人だから30万回の照射で十分、という方はヴィーナスをお手頃価格で求めるのも賢い買い物ですよね♪

▼レイボーテ ヴィーナス

▼レイボーテ プロ

ヤーマンレイボーテ ヴィーナスとプロの共通の機能や特徴

ヤーマン光美容器レイボーテ ヴィーナスとプロに共通する機能や特徴を紹介していきます。

VIOまで全身ムダ毛ケア

最近はVIOゾーンのムダ毛ケアができる脱毛器も増えていて、お家で手軽にできる点が人気を集めています。

レイボーテ ヴィーナス&プロでは、いずれも全身のムダ毛ケアが可能です。

腕や脚、背中、ワキなどムダ毛が気になる部分はもちろん、顏のムダ毛や男性のヒゲ、VIOゾーンもこれ1台でOKです。

Vライン用にはデザインテンプレートが付いていて、手入れの難易度も下がりそうです。

エステサロンで施術を受けるのが確実ではありますが、忙しくて時間が取れない、人にやってもらうのは抵抗がある、恥ずかしいなどのハードルを感じている方も多いと思います。

自宅で手軽に全身のムダ毛ケアができたら、そんな悩みも解消できますよね。

フェイス、VIO用アタッチメント

ヤーマンレイボーテ ヴィーナス&プロには、アタッチメントが3種類付いています。

フェイス用、VIゾーン用、Oゾーンの3つで、それぞれ形状が違います。

フェイス用は顏、ヒゲ、手や指などに、腕や脚、背中やワキなど比較的面積の広い部位はアタッチメントを付けずにヘッドのみで使います。

VIゾーンとOゾーンが別のアタッチメントになっているのも親切だなと思いました。

洗浄するとはいえ、フェイス用とVIO用のアタッチメントが同じというのは抵抗がある、という方にも安心ですよね。

しかも、アタッチメントを付け替えるだけで自動的にモードが変わるので、本体での操作が必要ありません。

ハイパワー照射

照射方式は、主要なエステサロンと同様、キセノンランプを搭載したIPL方式を採用しています。

黒いメラニン色素に反応することで、成長期の毛根にダメージを与えて育毛を抑制する方式です。

ムダ毛だけにピンポイントに作用し、1回のケアで男性の濃いムダ毛にも作用するハイパワー照射です。

肌に優しいソフトモード

ハイパワーながらも、デリケートなゾーンにはソフト照射モードで優しくケアできます。

1回分の光を3つに分割し、1/3の強さになった光を3連射することで、刺激を抑えてくれます。

医師監修のカットフィルター

VIゾーン用、Oゾーン用アタッチメントには、デリケートな部位に適した波長の光を照射するため、カットフィルターが搭載されています。

医師監修のカットフィルターなので、安心してケアができます。

▼レイボーテ ヴィーナス

▼レイボーテ プロ

お風呂で使える防水仕様

上の項でも触れましたが、ヴィーナスはIPX5、プロはIPX7とそれぞれ防水仕様になっています。

しかも充電式でコードレスなので、家族にも知られずお風呂でケアすることが可能です。

防水仕様の光美容器を開発したのは日本ではヤーマンが初めてで、とても画期的ですよね♪

連射モードで高速ケア

お手入れにあまり時間が取れない、という時には10回連続で照射する連射モードがおすすめです。

全身を無駄なくスピーディーにケアできるので、忙しい方でも手軽に使えそうですね。

かんたん操作

使い方はビックリするほど簡単です。

電源/レベルボタンを長押しするだけでON/OFFできますし、照射の時はフラッシュボタンを押すだけです。

上でも触れましたが、アタッチメントを替えるだけで最適モードにしてくれるので迷うこともありません。

専用アプリで管理できる

お手入れのサイクルは、専用アプリで管理ができます。

ケアをした日とその部位を記録するだけで、最適なお手入れ周期をアプリがお知らせしてくれます。

忙しくて忘れがちな時にとっても助かりますよね。

▼レイボーテ ヴィーナス

▼レイボーテ プロ

ヤーマンレイボーテ ヴィーナスとプロの違いを比較まとめ

ヤーマンの光美容器「レイボーテ ヴィーナス」と「レイボーテ プロ」の違いを比較しました。

2021年発売のヴィーナスに比べて、2022年発売のプロは大きなリニューアルポイントが2つあります。

防水仕様がIPX5からIPX7に2ランクアップし、水の中に落としても耐えられるようになりました。

もう1つは、照射回数が10万発もアップしたことです。

お子さんが成長して、使いたいという時にも照射回数に余裕があるのは安心ですよね。

価格差は公式だとあまり変わりありませんが、各ECサイトでは20,000〜25,000円ほどの違いがあります。

価格との折り合いとリニューアルポイントを検討して、選ばれることをおすすめします。

ヤーマンの光美容器「レイボーテ ヴィーナス」と「レイボーテ プロ」で迷われている方の参考になれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

▼レイボーテ ヴィーナス

▼レイボーテ プロ

タイトルとURLをコピーしました