DEEBOT U2Pro-wとU3の違いを比較!エコバックスどっちがおすすめ? | Nana's Momdays

DEEBOT U2Pro-wとU3の違いを比較!エコバックスどっちがおすすめ?

生活家電

エコバックスのロボット掃除機DEEBOT U2Pro-wとU3の違いを比較!どっちがおすすめ?

エコバックスのロボット掃除機DEEBOTのスタンダードモデル、U2Pro-wとU3の違いを比較していきます。

エコバックスは次々に新しいモデルがリリースされ、その度に新機能が追加されとても話題になっているロボット掃除機です。

スタンダードからハイエンドモデルまで多彩な機種がありますが、今回紹介するU2Pro-wとU3は比較的お求めやすいスタンダードなタイプです。

2機種の主な違いは以下の通りです。

  • ダストボックス容量の違い(U2Pro-wは大容量キット付)
  • マッピング機能の有無(U3は有)
  • 磁気境界線テープの有無(U2Pro-wは有)
  • 段差を乗り越える高さ(U2Pro-wが上)
  • 連続稼働時間、充電時間(U2Pro-wが長い)
  • サイズ感(U3は薄型設計)

特にU2Pro-wは大容量ダストボックスに付け替えられたり、ゴム状のメインブラシが付いていたりと、ペットの毛を大量に清掃することを想定しています。

U3はスリムさとマッピング機能が特徴です。

本文では、エコバックスのロボット掃除機DEEBOT U2Pro-wとU3の違いを比較し、どんな方にどちらがおすすめかを詳しく紹介していきたいと思います。

▼DEEBOT U2Pro-w

▼DEEBOT U3

エコバックスDEEBOT U2Pro-wとU3の違いを比較

エコバックスのロボット掃除機DEEBOT U2Pro-wとU3の違いを比較していきます。

ダストボックス容量の違い U2Pro-wの大容量ダストボックス

DEEBOT U2Pro-w、U3ともに吸引と水拭きが1台でできるタイプですが、もちろんモップを外して吸引清掃のみでの使用も可能です。

なかでもU2Pro-wは、ペットの換毛期で大量の抜け毛が発生する時期にも対応した「大容量キット」が付いています。

通常のダストボックス+水タンクを取り外して、800mlの大容量ダストボックスを取り付けることにより、一度にたくさんの毛をお掃除することができます。

長毛種のワンちゃんを飼っている方や多頭飼いをしている方だと、お掃除の途中でダストボックスが一杯になってしまうと手間になりますよね。

通常のダストボックスは400mlですが、大容量ダストボックスは業界最大の800mlなので、大量の毛もスッキリ収まりそうですね♪

ダストボックスの最大容量

  • U2Pro-w:800ml
  • U3:300mll

メインブラシの違い U2Pro-wはペットの毛も取り除きやすいメインブラシ付き

U2Pro-wにはさらに、ゴム状のメインブラシが付いています。

このメインブラシは上記の「大容量ダストボックス」「フィルター」と共に「大容量キット」の3点セットになります。

ゴム製のメインブラシは毛が絡まりづらい設計になっていて、髪の毛やペットの毛を絡むことなくかき出して効率的にお掃除します。

  • U2Pro-wはメインブラシがペットの毛の絡まりづらいゴム製

▼DEEBOT U2Pro-w

▼DEEBOT U3

高さの違い U3は薄型設計

U2Pro-wは高さが7.9㎝ですが、U3は5.7㎝と2㎝以上も薄型になっています。

ソファーやベッドの下など狭い場所にもスイスイ入り込んでゴミやホコリを取り除きます。

すでに愛用している家具の足が短めだけど、その下までロボット掃除機にお掃除をお願いしたい、という人には嬉しいサイズです。

高さの違い

  • U2Pro-w:7.9㎝
  • U3:5.7㎝

U3はSmart Navi2.0でビジュアルマッピング

U3はビジュアルマッピング機能が搭載されています。

本体の天板部分に付いたカメラにvSLAM(自己位置推定とマッピング機能)が採用されていて、お部屋や壁、家具の形を測定します。

上位機種ほど精密ではないまでも、お部屋の間取りに合わせた効率的なルートを導き出して清掃します。

  • U3はカメラとマッピング機能付き

U2Pro-w は磁気境界線テープで禁止エリアを指定

U2Pro-wは、磁気境界線テープを置くことで入ってほしくない場所の指定ができます。

上位機種に比べるとかなりアナログではありますが、電源は不要で、カーペットの下に敷く形でも有効なので目立たず使用できます。

アプリでの指示に自信がないという方には、ロボット掃除機を使うハードルが下がりますね。

U2Pro-wは磁気境界線テープ、U3はマッピング機能という棲み分けがされている印象です。

  • U2Pro-wは境界線テープ付き

▼DEEBOT U2Pro-w

▼DEEBOT U3

乗り越えられる段差の違い

乗り越えられる高さにも微妙に違いがあります。

U2Pro-wは1.8㎝、U3は1.4㎝になるので、少しの違いではありますが室内または部屋間で段差がある場合の参考にしてくださいね。

乗り越えられる段差の違い

  • U2Pro-w:1.8㎝
  • U3:1.4㎝

最大連続稼働時間・充電時間その他

連続して稼働する最大時間については、U2Pro-wが150時間、U3が100時間です。

充電時間はU2Pro-wが5.5時間、U3が4時間です。

バッテリーはU2Pro-wがリチウムイオン3200mAh、U3が同じくリチウムイオン2600mAhなので単純にバッテリー容量の違いですね。

また、本体重量がU2Pro-wは2.75㎏でU3が2kgと、いずれも軽量タイプです。

最大稼働時間・充電時間・バッテリー

  • U2Pro-w:最大稼働時間150分、充電時間5.5時間、リチウムイオン3200mAh
  • U3:最大稼働時間100分、充電時間4時間、リチウムイオン2600mAh

価格の違い

価格についてはいずれも、上位機種に比べかなりお求めやすい印象です。

U2Pro-wは価格.comでの最安値が32,800円になっていましたが、楽天のアウトレットで19,800円でも出ていました。

但し2022年9月3日現在の情報なので、在庫と価格は最新のものを確認してくださいね。

U3は価格.comでの最安値が29,400円、楽天では39,800円と幅が出ています。

いずれにしても最新の価格情報をチェックして少しでもお得にゲットしてくださいね♪

▼DEEBOT U2Pro-w

▼DEEBOT U3

U2Pro-wとU3の共通する機能

両モデルに共通する主な機能を箇条書きでピックアップしておきますね。

  1. 吸引と水拭きの2 in1タイプ
  2. 3つの清掃モード
  3. 衝突防止、落下防止センサー
  4. 自動充電、自動再開
  5. スマートスピーカー対応
  6. アプリで清掃設定

DEEBOT U2Pro-wとU3いずれも、ゴミ吸引と水拭きが1台で済んでしまいます。

いずれもモップを取り外すことで吸引のみの清掃が可能なので、時と場合に沿ったお掃除が可能です。

清掃モードは3つで「直進清掃」「壁際清掃」「スポット清掃」をアプリで指示できます。

また、赤外線センサーで障害物回避、衝突、落下を防止するので安全に使用できます。

充電が少なくなると自動で充電し自動再開する他、Google HomeやAlexaといったスマートスピーカーと連携して、話しかけることで操作も可能です。

上位機種のような多機能ではありませんが、吸引力や水の量などをアプリで設定することもできます。

気になる吸引力ですが、具体的な数値が公表されておらず、どのくらいなのかどちらが上か正確に比較することができませんでしたので、情報が入ることがあれば都度更新しますね。

▼DEEBOT U2Pro-w

▼DEEBOT U3

エコバックスDEEBOT U2Pro-wとU3どっちがおすすめ?

DEEBOT U2Pro-wとU3では、おすすめしたいタイプの人が分かれてきそうです。

U2Pro-wがおすすめの人

  • ペット、特に長毛種のワンちゃんがいる人
  • 水拭きよりもゴミをたくさん吸引することを求める人
  • アプリと連携して使うのがあまり得意でない人

U2Pro-wの最大の特徴は「大容量キット」です。

長毛のワンちゃんを飼っている人にとっては、毛の生え変わる時期は大変ですよね。

フワフワの抜け毛もしっかり、たっぷり吸い込んで800mlのダストボックスに収納してくれるのは本当に頼もしいです。

マッピング機能は付いていませんが、磁気テープで禁止エリアを指定できますし、赤外線センサーで落下、衝突防止機能もあります。

アプリを使って操作するのが苦手な方や親御さんにプレゼントするのにも良いですね。

U3がおすすめの人

  • マッピング機能が欲しい人
  • ベッドやソファーの下を掃除したい人
  • 本体が軽い方がいい人

U3は上部のカメラでマッピングが可能です。

上位機種には手が出ないけど、マッピング可能なロボット掃除機が欲しいという人にはおすすめです。

U2Pro-wのような大容量ダストボックスまでは要らないし、薄型で狭い隙間もお掃除したい、本体が軽い方がいいという人にもU3はおすすめです。

▼DEEBOT U2Pro-w

▼DEEBOT U3

エコバックスDEEBOT U2Pro-wとU3を比較まとめ

エコバックスのロボット掃除機DEEBOTのスタンダードモデル、U2Pro-wとU3の違いを比較してきました。

いずれもスタンダードなモデルですが、それぞれ大きな特徴があります。

U2Pro-wは、水タンクを外して大容量キットに付け替えることでダスト容量が800mlとなり、ゴム状のメインブラシは毛が絡むことなくゴミをかき出します。

ペットの毛や髪の毛が多く出るご家庭におすすめです。

一方のU3はシンプルながらマッピング機能があり、お部屋の形や壁、家具を認識します。

また、薄型で家具の下の隙間もスイスイ進めるメリットも大きいです。

価格については大きな違いがあるとはいえず、ショップによってアウトレット品が出ていたりセールのタイミングもあったりするので、常に最新の情報をチェックすることをおすすめします。

これからロボット掃除機を使ってみたい方、エコバックスDEEBOT U2Pro-wとU3で迷われている方の参考になれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

▼DEEBOT U2Pro-w

▼DEEBOT U3

▶︎エコバックス DEEBOT比較まとめ記事はこちら♪

▶︎コスパ良し国内メーカーロボット掃除機をお探しの方はorage r8 hybridもチェックしてみて下さいね♪ こちらの記事にまとめてます↓

タイトルとURLをコピーしました